【一ノ瀬家の大罪ネタバレ3話】翼が中嶋に反旗を翻したことがきっかけにいじめが止まる! | マンガファン

【一ノ瀬家の大罪ネタバレ3話】翼が中嶋に反旗を翻したことがきっかけにいじめが止まる!

一ノ瀬家の大罪ネタバレ3話です!3話では、前日同様に翼は中嶋を始めとしてクラスメイトからいじめられていた。しかし記憶を無くす前の翼が頭に浮かび、思わず中嶋に思いつく限りの悪口をぶつけた。これがきっかけで2人のパワーバランスが崩壊する・・・。早速ネタバレを見ていきましょう!

一ノ瀬家の大罪ネタバレ3話

中嶋

翼が学校に行くと中嶋が元気よく挨拶をしてくれた。

翼が「おは・・・」と言いかけると、よいこの牛乳が翼の顔面めがけて飛んできた。周りの声から昨日の給食の残り物であることを理解し、その後中嶋は翼の後頭部に牛乳を流し込んだ。その後制服がボロボロになり、「ボケノ瀬翼」と書かれたTシャツを切るように命じられ、教科書には「死ね」を始めとして悪口のオンパレードになっていた。

放課後にも翼は1人で掃除を命じられ、すべての箇所を1人で掃除するはめになった。さらに学校を出てからもいじめは続き、翼のかばんを池に放り込み「拾ってくれば?」と悪気のない顔で中嶋はささやいた。

すぐ忘れるとこ

翼は「もし俺が覚えてないとこでお前になにかしたなら、俺謝るから、だから」と涙を浮かべると、中嶋は「だって気持ちわるいじゃん、翼」とほくそ笑んだ。この時翼の脳内に、記憶を無くす前の翼の姿が浮かび、かつての自分に共感することができた。

そして中嶋は再度かばんを取ってくるように命じるが、翼は「じゃあお前が拾え」と中嶋に詰め寄った。自分がいじめられていた理由がくだらないものであり、翼は思いつく限りの悪口をぶつけ、「1人じゃ何もできないくせに、お前の方が気持ちわるいんだよ!このっ、ゴミカスクソヤロー!!」と叫び、その場から立ち去った。

翼は泣きながら家に走り、とんでもないことをやってしまったと後悔しながらも、かつての翼がずっとしたかったであろう反逆を実行に移せたことで達成感もあった。しかし翌日からのいじめがひどくなると感じ、恐怖を感じながら翌日も学校に行くことになった。

パワーバランス

しかし学校に行くと、クラスメイトの真ん中で中嶋が倒れ込んでいた。中嶋の足元には、中嶋のものと思しきかばんがびしょびしょになっており、翼の想像とは全く異なった景色が見えた。そしてクラスメイトの一人がスマホを取り出し、翼が中嶋にタンカを切った動画を見せてくれた。

その動画はストーリーで既に有名になっており、中嶋の所属するサッカー部でも面白がられており、今日から翼ではなく、中嶋がいじめの対象に選ばれていた。中嶋は昨日の翼と同じように涙を浮かべながら「ごめん・・・」と許しを請うと、翼は自分のせいでこうなったと罪悪感を感じたものの、脳裏にはかつての翼が浮かんできた。

「いや、許すわけねーだろ」「土下座して、床舐めろ」

と自分でも考えていなかった言葉が口をつき、そして中嶋への制裁は続行されることになった。

一ノ瀬家の大罪考察3話

中嶋と翼の関係

今回もなかなかヘビーな回でしたね〜

今回気になったのはやはり、翼と中嶋の関係ですね。昨日までは翼がいじめられていましたが、一旦反逆した途端に中嶋がいじめられることになりました。この辺りから、このクラスではいじめの対象になる生徒はコロコロと変わっていたのかと思います。

そして翼も気にしているように、記憶を無くす前の翼と中嶋がどのような関係だったのかが気になりますね。前回の2話では中嶋が「すぐ忘れるとこ」と発言しているように、過去の翼も同様に忘れっぽいという性質を持っていたように思います。それがいじめにつながったのかな〜と過去の翼を想像することもできます。

もしかしたら元々は翼が中嶋をいじめており、翼が何かを忘れたことによりパワーバランスが入れ替わり、そして再度入れ替わった可能性もありますね。

もうひとりの翼

そして第3話では2回、記憶を無くす前の翼が登場し、2回目の登場には現在の翼の発言に影響を与えていました。

最初は中嶋に啖呵を切る直前、散々いじめられた後に過去の翼が頭に浮かび、過去翼に同情した結果中嶋に思っていることすべてをぶつけることができました。これが1回目であり、2回目は翌日学校にて、いじめられている中嶋に謝られた時です。

泣きながら「ごめん」と謝る中嶋を見て、翼は一瞬心が揺れましたが、脳内に浮かんだ過去翼が翼の口を借りて「許すわけねーだろ」と言ったように感じます。なので脳内にいる過去翼がどこまで現在の翼に影響をもたらすのか気になるところです。

また、この過去翼には前回でもお話した双子説も考えています。

翼の双子説

元々一ノ瀬家には7人目の存在を考えています。その応用になります。

これも完全に根拠はないのですが、翼には双子の弟がおり、これを仮にAとします。

福井旅行に向かったのは翼ではなくAだった、しかし事故のショックで記憶を失い、自分を翼であると認識してしまった可能性もありますよね。家族や医者もAを「翼」と認識しているのだとしたら・・・また難しい話になりますよね(笑)

  • 家族は元々Aを消そうとしていた
  • 翼を殺してAに「自分が翼である」と認識させる
  • 双子だから医師にも違いが分からなかった
  • Aは翼ではないから「翼としていじめられていた」記憶がない

かなり甘々考察ですが、ひとまず「翼の記憶が曖昧」な理由も理解できるのではないでしょうか。まあここではネタバレがメインなので、本格的な考察は考察記事でやっていこうと思いますが、一応これまでに登場している謎をまとめておきます。

  1. 7人目の存在・7つの大罪との関連
  2. 福井旅行に向かった謎
  3. 翼が双子説
  4. 家族の部屋になにがあったのか
  5. 本当に全員が記憶喪失なのか

一旦ここまで、ここに「中嶋と翼の過去」も追加すると合計6つの謎が浮上していることになります。次回以降もこの辺もまとめていきますので、ぜひ考察記事の方もご利用ください!

2話 ⇔ 4話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。