【一ノ瀬家の大罪考察】翼が双子説について!詩織との年齢差が鍵となる | マンガファン

【一ノ瀬家の大罪考察】翼が双子説について!詩織との年齢差が鍵となる

吉永

どうも吉永です。

今回も『一ノ瀬家の大罪』の考察を行っていこうと思います!

様々な考察が登場していますが、今回主に扱うのは「翼が双子だった説」についてです。今回の記事は前回の考察記事『』の内容を踏まえていますので、まだ前回の記事を見ていない方は先にそちらを見てからの方がわかりやすいかと思います!

今回は「一ノ瀬翼が双子だった説」ですが、個人的にはまだまだ未完成。あくまで「詩織が双子の妹ではなかった」場合に成立する内容になりますので、一応そんな説あるんだくらいに思っておいてください!

一ノ瀬翼は双子だった説

まずは前回もお話したとおりに、一ノ瀬家は元々7人いたのではないか、という説を元に今回もお話していきます。前回お話したその根拠は以下のとおりです。

  • 6人で写る家族写真を撮った人物の存在
  • 2枚の「素直な心」の習字
  • 7つ目の椅子

これらの内容から一ノ瀬家には7人目がいるのではないかという現状の考察をお話してきました。そしてここから応用して「翼が双子だった説」の根拠を今回はお話していきます!

2枚の習字

まずは一ノ瀬家に飾られていた(放置されていた)2枚の習字について復習しましょうか。

まずは1話にて、病院からようやく帰宅できた一ノ瀬家御一行は、生々しい家庭崩壊の痕跡が残る自宅に戻りました。そこで大体は物が散乱している机の上に目が行きがちですが、実はこのリビングには習字が書かれていました。

「素直な心」と書かれた左下に「五年」と書かれている習字が2枚ありました。これが双子説が浮上した直接的な原因なのです。

ここから分かるのは「小学5年生が2人いた」ということ。同学年となれば普通に考えて双子でしょう。ということは詩織が・・・?となりますが、詩織が双子かどうかは未だはっきりしていません。それゆえに今回の双子説が浮上しました!

詩織の年齢

まず一ノ瀬詩織は1話の時点で「妹」と断言しています。さらに詩織について現状判明している内容をまとめてみます。

  • 翼の「妹」であり13歳
  • 翼と同じ区立鍵山学園中学校に通っている

これだけです。翼の学生証には第2学年1組とあることから翼は中2であり、年齢は13歳、もしくは誕生日によっては14歳である可能性もあります。なので翼の「妹」なのか「双子の妹」なのか未だ判明していない部分があります。

仮に「双子の妹」であれば、あの2枚の習字は詩織と翼が書いたものと考えられますが、仮に「妹」であり現在中1だとするとあの習字を書いた人物は未判明であり、詩織以外の翼と同年齢の人物が書いたことになります。

このように、ネットを賑わせている双子説は「詩織が双子の妹ではなく、年齢違いの妹だった」場合の内容ということになります。本サイトは考察サイトなので、当然その方が面白いのでその説で考えています(笑)

吉永

仮に詩織が13歳ではなく12歳であれば確実に中1なのですが、

あえて13歳という設定にして考察の余地を残してくる辺りさすがタイザン先生やな・・・と感じざるを得ません(笑)

要するに、仮に詩織が現在中1であれば翼と同学年ではないので、「五年」と書かれた習字が2枚あるのはおかしい、じゃあ誰が書いたんだ?・・・というところから翼には詩織の他に双子がいたのではないか、という説が浮上しています。もちろん詩織が双子だった可能性もありますけどね。

そしてその双子はなぜ一ノ瀬家にいないのか、というのが今回のメインテーマです。

家族写真とほくろ

これも前回の記事でも触れたように、1話にて翼の部屋で家族6人で写る家族写真がありました。

この写真を見て「この写真を誰が撮ったんだろう」と感じました。翼の部屋にはカメラが落ちていたこともあり、そのカメラのオート機能を使った可能性もありますが、だとしても先程の2枚の習字や7つ目の椅子の存在は無視できません。

ということで、ここまで来れば一ノ瀬家には7人目がいた、と考えるのはもはや普通だと言えるでしょう。ここまでの考えをまとめてみました。

  • 一ノ瀬家には7人目(以下A)がいた
  • Aは翼と双子であり詩織の兄にあたる
  • 何かしらの原因で現在は一ノ瀬家には存在しない

ということになります。さらに福井旅行で事故にあったのは新聞記事の内容から6人だったことが明らかになっており、福井旅行の時点では既にAは存在していなかった事もわかっています。このことから分かる一ノ瀬家とAの時系列を考えてみました。

7人目と時系列

あくまでも「詩織が双子の妹ではなく普通に年齢違いの妹」という前提でまとめます。

14年前
翼とAの双子誕生

翼0歳

A0歳

13年前
詩織誕生

翼1歳

A1歳

詩織0歳

3年前
翼とAが小5に

この時に「素直な心」の習字を書き上げる

翼11歳・小5

A11歳・小5

詩織10歳・小4

現在
福井旅行中に6人で事故に遭う

新聞記事より美奈子の運転する車が横転

翼13歳or14歳・中2

Aは既におらず

詩織13歳・中1?

となります。この表を見る限り、福井旅行の際には既にAはいなかったと考えられるため、小5時にあの習字を書き上げた3年前から現在までにAは姿を消していることになります。なぜいなくなったのか・・・ここはまだ分かりませんので、今後の考察記事をお待ち下さい(笑)

まとめ

最初にもお話したとおり、双子説はまだまだ未完成であり、確実なものではありません。

あくまで「詩織が双子の妹ではなかった」場合に限る内容であり、早く先の内容が見たいところです。

ちなみに現在は翼の過去を知ると思しきいじめっ子:中嶋との関連についても考察中であり、もしかしたら現在とは異なり「翼が中嶋をいじめていた」可能性が浮上しています。翼の過去は未だ語られていないので色々話が進展する可能性があり、中嶋の存在についても次回の記事でまとめていきます!

ぜひそちらも御覧ください!というわけで、長くなりましたが今回は以上です!ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。