【一ノ瀬家の大罪考察】翼の過去に迫る!中嶋との関係について考えていく | マンガファン

【一ノ瀬家の大罪考察】翼の過去に迫る!中嶋との関係について考えていく

吉永

どうも吉永です。

今回も前回の考察記事(【一ノ瀬家の大罪考察】翼が双子説について!詩織との年齢差が鍵となる)に引き続き、『一ノ瀬家の大罪』の考察記事を書いていこうと思います!

数ある考察の中でもやはり気になるのは一ノ瀬翼の過去であり、そこに絡んでくると考えられる元いじめっ子:中嶋です。中嶋のセリフや過去のフラッシュバックからは翼の過去に迫る物が多く、中嶋の言動から翼の過去に迫ります。

一ノ瀬翼の過去

『一ノ瀬の大罪』の主人公である一ノ瀬翼の過去は記憶喪失により完全なブラックボックスになっており、さらに一ノ瀬家の崩壊した様子から読み取れる普通の家族ではなかった感、そして自室の壁に目いっぱいに書かれた「死」の文字から、記憶をなくす前の自分が我々読者だけでなく翼自身もわからなくなっていました。

ひとまず本誌から分かった情報をまとめていきます。

記憶をなくす前の翼はいじめられていた

まあこれくらいなわけで、箇条書きするまでもないのです(笑)さすがにこれだけでは考察記事は名乗れないということで、数多くの情報をくれる心の友である中嶋くんの翼に関する言動を見ていきましょう。

翼と中嶋の関係

第4話にて、南小学校時代にいじめられていたことが明らかになり、そこを翼が助けていたことが明らかになりました。そこから過去の翼に迫っていこうと思います。

中嶋がいじめられていた

翼と中嶋は同じ小学校に通っており、「南小」と書かれたユニフォームを着てサッカー部に入っていました。

当時から中嶋は牛乳が飲めず、また背が低いことで周囲からからかわれることもあったようです。いわゆる陰キャだったところをクラスの陽キャ、翼が強引にサッカー部に勧誘して2人一緒に努力していくことになりました。この時点で中嶋はサッカーにそこまで興味はなかったようですが「翼と一緒にいるため」に身長というハンデを抱えながらも努力していたようです。

やがて何かの大会でテレビ中継された辺りで、翼の方から「中学行ったらレギュラー目指さね?」と目を輝かせていたので、そこに中嶋も乗っかってアツい約束を交わしていました。しかし翼はなぜかサッカー部を退部することになり、中嶋の両親によると「家庭の事情」とのこと。

しかし中嶋もなにかを察して翼には詳細を聞かず、1人でも努力を続けてなんとかレギュラーを獲得でき、そのことを翼に報告に行くと・・・

気持ち悪い。そんな昔の話覚えてないし、お前のそういうところ、ずっと気持ち悪かった。

かつての陽キャの面影はなく、この日から中嶋を中心にいじめられる側になったと考えられます。となると翼へのいじめはおそらく中学1年から始まっていたことかと思います。

「すぐ忘れるとこ」

第2話にて、中嶋は記憶喪失になった翼に対して「何も変わってね〜よ、すぐ忘れるとこ」と話していますが、これは本心だったようですね。

翼がいじめられるようになった直接的な原因は中嶋との約束を反故にしたことだと考えられます。そして「家庭の事情」ということで翼に原因があったのかどうかは不明ですが、中嶋からしてみたら「中学でも一緒にサッカーをする」約束をしていたにもかかわらずそれが叶わなくなってしまったわけです。

その他にも当時から身長が低いことでいじられたりもしていたようなので、翼と一緒にいることでそれはいじめに発展することはなかったことを中嶋も理解しており、感謝の念もあったと考えられます。それが可愛さ余って憎さ百倍ということで翼に対するいじめが始まってしまったんでしょう。

翼の家庭の事情

そして気になるのは、サッカー部の陽キャからいじめられっ子に闇落ちするほどの「家庭の事情」とは何があったのでしょうか?未だ詳細には語られておりませんので考察になります。

個人的には母の一ノ瀬美奈子により医学部受験を強要されたことで、勉強以外の自由を奪われてしまったことで、その一環としてサッカー部も退部させられることになってしまったのではないかと考えています。かつての考察(【一ノ瀬家の大罪考察】7人目の存在と「7つの大罪」との関わりを考える)でもお話していましたが、一ノ瀬家一同はそれぞれが7つの大罪を表しているという説をお話してきました。

その中で母:美奈子は「傲慢」であり、翼の意志を無視して医学部受験を押し付けていたのではないかと考えていました。というのも第1話にて、病院から自宅に戻ったタイミングで、物が散乱した机の上に『教育しないママ 私が息子を医学部に入れた理由』という本が置いてあり、この本から美奈子がいわゆる教育ママ、すなわち毒親だったのかもしれないという考察が頭に浮かびました。

そしてこれにより翼は勉強漬けになり、それにより精神的に不安定となり「憤怒」を表すにふさわしいほどの家庭内暴力を振るい・・・もしくは「怠惰」となって何に対しても身が入らなくなってしまった結果中嶋にあのような態度を取るようになったのかもしれないな〜と考えています。

この辺りの7つの大罪との関わりについても考えていきたいところですが、それはまた来週・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。