「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【雛見沢停留所】意味がわからない部分を解説していく!

雛見沢停留所

どうもこんにちは古川です!

今回は【雛見沢停留所】にて、よく意味がわからない部分について解説を行なっていきます!

ジョリ男

前回古川くんに教えてもらった最安値で購入する方法で雛見沢停留所を買って読んでみたんだが、

さすがに内容が複雑でわからない部分が多かったんだ。

古川

吉村の正体とか、最後自体が消えた理由とかか?

ジョリ男

ズバリその部分だよ笑

古川

これがメンタリズムです。

というわけで今回は、雛見沢停留所にて意味がわからないと思われる部分の解説を行なっていきます!

意味がわからないところ

梨花と魅音の年齢差

まずネットを見ていると、なんで古手梨花のほうが園崎魅音よりも歳上なの?という質問がいくつか見られました。

これに関しては特に謎でもなんでもなく、そもそも〈ひぐらしのなく頃に〉ではないから、というのが答えです。

〈雛見沢停留所〉にはひぐらしと同じキャラクターが存在しますが、設定がまったくもって異なります。そのためひぐらしでは梨花ちゃんは9歳下10歳、魅音は中2か中3程度であったとしてもこれは〈雛見沢停留所〉の設定にはまったくもって影響はありません。

〈ひぐらしのなく頃に〉の漫画を書き始める前に考えていた作品であり、だからこそ〈雛見沢停留所〉には「原案」という言葉が書いてあるのです。言うなればそもそも別の世界だから、〈ひぐらし〉の設定を持ち込んではダメです。

オヤシロさまの正体

〈雛見沢停留所〉におけるオヤシロさまも〈ひぐらしのなく頃に〉と同様に、多くの人間を恐怖に陥れており、実際に亡くなった建設省の人間もみな口々に「オヤシロさまは”いるんだ”」と口にしています。

犠牲者はみんなオヤシロさまと思しき何者かの影を見た後に精神に異常をきたし、身近な存在に対して凶行に走っています。こんな同時発生的に起こるオヤシロさまの祟りですが、この詳細な原因は語られていません。

しかしヒントはありました。

  • 犠牲者はみんな雛見沢で仕事をしていた建設省の人間
  • 雛見沢にはヒナミザワアリという昆虫がいる
  • 雛見沢の住人は9割以上このアリに寄生されている
  • 女王感染者である古手梨花の側にいれば発症しない

これがヒントです。というか〈ひぐらしのなく頃に〉に詳しい方であれば解説は不要だと思います。

実際のところ、〈雛見沢停留所〉のオヤシロさまの祟りの正体はヒナミザワアリ。

これに寄生された建設省の人間が、雛見沢から興宮やそれ以上遠くに移動したこと、つまり古手梨花のそばを離れたことが原因でヒナミザワアリの活動が活発となり、幻覚を見せた結果の惨劇であると考えることができます。

古川

要するに〈ひぐらしのなく頃に〉で言うところの雛見沢症候群とほとんど同じ考えということです。

ちなみにですが〈雛見沢停留所〉では、梨花の側を離れてはいけないの不文律における物理的な梨花との距離感が異なり、かなり制約が多くなっています。というのも最終的に雛見沢症候群を発症した魅音ですが、梨花と腕を組んだことでその症状が収まりました。

つまり物理的に触れ合える距離にいることで女王感染者としての効果を発揮しうる距離感であると言えます。もちろんこの発症する距離は人により個人差があるのでしょうが、魅音の場合には腕を組まないと発症は妨げられなかったことは事実。

〈ひぐらしのなく頃に〉では古手神社にいる梨花のフェロモン効果は雛見沢全域、そして興宮まで続いていたと考えられますが、〈雛見沢停留所〉ではその距離感が大幅に変更されているように感じます。魅音は1週間前に東京旅行に行った際に発症した事もまたわかっています。

フリーライター吉村の正体

富竹フラッシュのもととなったと思われるフリーライターの吉村。彼は一体何者なのか・・・

結論から言うと、吉村は普通にオヤシロさまの祟りについて取材しに雛見沢を訪れただけのフリーライターです。特殊能力などは持っていない普通の人間です。

しかし彼が見せた異常行動はこんな感じ。

  • 東京旅行中の魅音の行動をすべて監視していた→ディズニーで魅音がトイレの個室内で父の携帯を水没させたことまで知ってる
  • 建設省の荒川の過去のトラウマをえぐりだし、喉元をかきむしらせて死亡させる
  • 魅音の体内の蛆虫を操り、胃袋内のウジ虫をすべて喉元に動かした

完全にヤバイやつですし、「オヤシロさまは許してくれると思うよ?」などとオヤシロさまの代弁者のごとく口を利いていました。そのため彼はオヤシロさまの関係者なの?それで特殊能力を授かったの?と考える方が多いようですが、実際には吉村は普通の人間です。

これらすべて、魅音の見た幻覚なのです。

この時点で魅音はヒナミザワアリの影響で既に雛見沢症候群で言うところのL5を発症していました。だからいないものが見えたり、幻覚を見ることも必至なのです。つまり吉村は普通の人間、なのに魅音のせいでやばいやつ扱いされているかわいそうな一般人なのです。

ジョリ男

でもさ古川くん。魅音の件はそれで説明がつくけど、荒川の件はどうなるんだい?

なんで吉村は荒川の小3時代にいじめられていたことを知っていたんだい?

古川

ジョリ男・・・お前話聞いていたか?

吉村は荒川とはおそらく初対面だし、そんなこと知ってるわけ無いだろ。

あれは荒川の見た幻覚だよ。荒川も同僚の死亡がストレスとなり、オヤシロさまが見える状態にまでなってただろ。これはつまりL5発症なわけだよ。

だから魅音同様に幻覚が見えるわけさ。ここでもまたしても吉村がやばいやつにされているだけで、実際には普通のおっさんなのに、どんどんやばいやつにされていてかわいそうだなw

言うなれば吉村ブラフだよ。吉村は完全に普通のフリーライター28歳なのさ。

ラストに死体がなくなった理由

そして最も謎が多いとされているラストシーンの謎。

魅音が全員を殺害した後、一瞬目を閉じた魅音。そして次に気づいたときには先ほどまであった死体が全てなくなっていました。このシーンが最も大きな謎であると思われます。そのためこのラストについては別記事でガッツリと考察しているのでそちらをご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です