「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【呪術廻戦】秤金次の顔を画像検索!乙骨とどっちが強いのか強さや術式を調べてみた

どうもこんにちは古川です!

今回は〈呪術廻戦〉の秤金次について総合的にまとめていきます!

ジョリ男

秤金次ってだれだい古川くん?

そんなキャラでてきていたかい?

古川

一応名前はでてきてたけど、本編には絡んではいないな。まだまだこれからってところだよね。

でも色々考えてみると秤金次の強さは〈禪院家当主に余裕で勝てるレベル〉だと思うんだ。

呪術高専3年の問題児、秤金次についてまとめていきます!

秤金次の顔の画像

呪術廻戦11話より引用

乙骨憂太は渋谷事変以降の140話から登場していますし、呪術廻戦0巻にて主人公になっているので既に知っている方も多いと思います。上記の画像は呪術廻戦11話で五条によるセリフの引用です。

下にいるのが乙骨憂太なので上にいるオッサンみたいな方が高専3年、つまりは18歳の秤金次(はかりきんじ)さんです。どう見ても高校生には見えませんし、なにより髪型がジャンプの漫画っぽくない・・・どう見てもオッサンなんですよね。。。(笑)

143話が最新の今、秤金次の顔はここでしか登場していません。そのため顔については今後の続報をまちましょう。

呪術廻戦の秤金次とはだれ?

というか秤金次ってだれやねん!という方も多いのではないでしょうか。

私もそう思いましたし、調べてみて「そんな奴いたわw」という感じでした。11話と言うとまだまだ漏瑚が初登場したくらいでしたし記憶になくて当然。そして同じく11話で初登場した乙骨憂太がようやく本編に登場したこともあり、秤金次もそろそろ出てくるんじゃないかな〜と思ったりしてます。

なので現段階で分かる情報をまとめていきます。

呪術高専3年

まずは先程の五条のセリフにもあるように、呪術高専に在籍する3年生です。

あまり生徒数そのものが多くないですし、3年はいまのところ秤金次しか名前が登場していません。なのでもしかしたら彼しか在籍生がいないのかもしれませんね〜。

五条に一目置かれる存在

また上記のセリフから分かるように、秤金次は〈あの五条に一目置かれる存在〉であることがわかります。

先程のセリフは五条が腐りきったオトモダチ関係や利権を重視する高専上層部を潰すために仲間を作るため、優秀な生徒を育てているという旨の話をしている時の話でした。そこで名前が出たのが秤金次と乙骨憂太でした。

「彼らは僕に並ぶ術師になる」とまで言わせるあたり相当なんでしょうね〜。秤金次の強さについては後ほど考察していきます!

有期停学中

呪術廻戦10話より引用

また秤金次が現在まで登場していない理由として、彼は停学中なのです(笑)

真希によると「ボンクラ」らしいのであまりいい印象はないようですね。しかしなぜ五条も認めるほどの強さを誇るのに何故彼は停学を喰らっているのか気になりますね(笑)

停学の理由については一切明らかになっていませんが、2021年3月4日に発売されたファンブックの中にそのヒントがありました・・・

秤金次の停学の理由

ギャンブル絡み

ファンブックによると秤金次は〈ギャンブラー〉であると記載があります。

高校生だし・・・お金を賭けてしまうと色々と問題がありますし。というか大人でもダメな場合が多いですし、おそらくギャンブル関係でアウトになってしまったと考えられます。

呪術廻戦64話より引用

以前64話にて優子のもとに登場した虎杖が〈パチンコに行っていた〉旨の発言をしていたこともあり、割と素行不良の学生が多いのかもしれません。

それに秤は見た目もオッサンぽいですし、年確がゆるい店であれば普通に入れてしまうのかもしれません。そしてそこで楽しく遊戯をしている所を高専関係者に見られたことでアウト!からの停学になったのでは?という説が濃厚です!

私が高校時代の頃はギャンブルなんてそんな発想はなかったんですけどね(笑)祖母に麻雀を教えてもらって家で楽しくお金をかけずにやっていたくらいでしたけど。大人になった今ならわかりますが・・・

高校生でギャンブラーはなかなかヤヴァい奴です!

百鬼夜行で揉めた

これも呪術廻戦0巻で語られていますが、呪術廻戦本編以前にも夏油が東京と京都に呪霊を大量発生させた事件がありました。いわばテロなんですが、この時に秤も参戦し呪霊撃退に勤しんでいたのです。

その時に秤は京都側に参戦したのですが、その際保守派の方々と揉めて墓庫してしまったことがありました。これが直接的なきっかけになったのではないかと考えられます。

そもそも高校生なのにギャンブル中毒であることもあり印象は悪かったところにそんな事があれば即時何かしらの措置が取られるのも仕方がないですね〜。

まずはあのちょび髭をなんとかしたほうがいいと思います。人は見た目が100%ですから、第一印象から変えていく努力をする必要があるよね!

秤金次の強さ

そもそも登場すらしていないので何とも言えませんが、秤金次は相当強いと考えられます。

理由として、やはりこの画像に行き着きます。

呪術廻戦11話より引用

ここから分かることをまとめていきます。

乙骨憂太に並ぶ

現役特級術師である乙骨憂太に近い強さを誇っていることは間違いないですね。

五条が思う〈強い術師〉として乙骨憂太よりも先に秤金次の名前を出していることから、おそらくはあの乙骨憂太よりも強いのかもしれません。乙骨は2年である一方で秤は3年です。この1年の差で相当に強さに磨きがかかっている可能性もあります。

なのになぜそんなに素行不良なんですかね(笑)

特級術師クラス

ということは少なくとも秤金次は特級術師のレベルには達しているということですね。

現在特級術師の中で名前が出てきているのは九十九由基と乙骨憂太、そして五条悟と今は亡き夏油傑です。ここに名を連ねる乙骨よりも強いとしたら普通に呪術界の中でもトップクラスの強さを誇ると考えることもできます。

もちろん上記の4人の中にも序列があるはずですけどね。

イメージとしてはこんな感じ。

  1. 五条悟
  2. 九十九由基
  3. 夏油傑
  4. 乙骨憂太

五条悟は夏油傑を直接殺しているので、少なくとも五条悟>夏油傑です。それ以外は直接戦闘しているシーンがないので不明なので私の予想です。

九十九由基の強さもいまいちわからないままですが、少なくとも加茂憲倫により脳をいじられる前の夏油には話の内容からおそらく勝てたはず。

そこに乙骨憂太を加味すると、単純に年齢で序列を考えました。若いということで絶対的に戦闘経験が他の特級術氏に比べて少ないのは事実です。なので他の特級術師たちに比べてどうしても見劣りがしてしまうのではないでしょうか。

さらに仮に秤金次が乙骨よりも強いとしたら、特級術師時代の夏油に並ぶ強さを誇るのかな〜と思ったりします。

禪院家当主には余裕で勝てるレベル

そして最後に、秤金次>乙骨憂太であるとすると、秤金次>禪院直哉であると考えられます。

渋谷事変の後に虎杖を追う乙骨憂太は1級術師(査定中)の虎杖を圧倒し、禪院家の新当主候補の禪院直哉に勝利した脹相をワンパンしています。勿論この時の脹相は直哉との戦闘後でだいぶ疲れていたというのはありますけどね。

また渋谷事変中、脹相は虎杖にギリギリではありますが虎杖にほぼ勝利していたという事実もあるのでそれを加味してこの4人を並べるとこんな感じ。

  1. 乙骨憂太
  2. 脹相 ≧ 虎杖悠仁
  3. 禪院直哉

脹相と宿儺を考慮しない状態の虎杖の強さがほぼ同じとするとこんな感じでしょうか。ひとまず〈乙骨と直哉には相当の力量の差がある〉ことは間違いない。そして秤金次が乙骨よりも強いとしたらこのランキングは以下のようになります。

  1. 秤金次
  2. 乙骨憂太
  3. 脹相 ≧ 虎杖悠仁
  4. 禪院直哉

秤、どんだけ強いんでしょうね(笑)

秤金次の術式

そして登場前ということもあり、まだ秤金次の術式は分かりません。

やはりギャンブラーということでそれに関連した術式だろうな〜と思っていますが、まだまだ不明。登場次第追記していこうと思います!

まとめ

東京高専3年の秤金次は実は五条に次ぐ実力者である可能性があります。

まだ登場していないので、強さが拮抗していると考えられる特級術師の乙骨憂太の強さを基に考えてみました。それを踏まえると、禪院家次期当主候補の禪院直哉には余裕で勝てるレベルであるということが判明しました。

ガチで強いですね(笑)

さすがに渋谷事変の後には彼の停学を解くのが正しいような気もしますけどね。そして戦力に加えるのが正常な判断だと思うんですけどね〜。

まあなんにせよ秤金次の強さは気になりますので、今後の登場に期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です