「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【呪術廻戦考察】獄門疆裏の解除方法は?縫い目について解説

どうもこんにちは古川です!

今回は呪術廻戦145話で登場した”獄門疆・裏”について解説していきます!

ジョリ男

獄門疆には裏表があるんだな。天元様が裏を持っていた理由もなかなか気になるところだけどなあ(笑)

古川

天元は羂索が薨星宮の結界を破って襲いに来る事も予見しているからこそ、獄門疆を事前に獲得して隠しておいたみたいだしね。

というわけで、色々とわからない部分が多い”獄門疆「裏」”について、現状分かる部分をまとめていきます!

獄門疆「裏」とは

その名の通り、獄門疆の裏門です。

五条悟が封印されているまさにその獄門疆の裏門です。ちなみに表門は現在羂索が持っているために、天元の意志で獄門疆の封印を解除することは叶いません。

ちなみにですが、天元様もなにもないところからこの獄門疆「裏」を取り出したため、かつて禅院甚爾が使っていた荷物持ちの呪霊に近い力を持っている事が判明しました。

とはいえこの獄門疆は裏といえども獄門疆ですから、これを抉じ開けることが出来ればすなわち五条悟の解放が完了するということになります。そのためこの獄門疆「裏」の解除方法を考えていきます。

マンガアプリはマンガUP!

・国内最大級のマンガアプリ
・1100万DL突破
・オリジナル作品多数
・スクウェア・エニックスの全雑誌勢揃い
・毎日 10 作品以上更新。常時 300 タイトルも読める
・一度読んだ作品は 72 時間読み返しが無料!
・深夜にデータをダウンロード!モバイル回線でサクサクに

>>今すぐダウンロードはこちらから!<<

獄門疆「裏」の解除方法

天元によると、この獄門疆「裏」の解除方法は大きく3つあります。

まずは前提知識として獄門疆は特級呪具であり、そこに羂索の術式が加わり中にいる五条を封印しているということになります。それを踏まえて実際に獄門疆「裏」の解除方法について説明します。

表を持つ羂索に命じる

天元によると獄門疆「裏」を持っているとは言え、天元には獄門疆の封印を解除する権限はないそうです。実際にその権限を持つのは「表」を所有している羂索であり、羂索の意志で解放されない限り平和的解決は有り得ないということです。

しかし五条悟を封印するために相当な準備をしていたこともあり、羂索の目的達成のために五条が邪魔だから封印したわけですよね。そう考えると羂索の意志で五条を解放するなんて事はおそらくありません。なのでこの選択肢は実質的にナシです。

術式を解除できる黒縄か天逆鉾が必要

次に現実的な方法として、獄門疆にかけられた術式を無効化、弱体化すればいいわけなので、そのような術式がかけられた特級呪具を使えばいいじゃない!ということになります。

ということで〈相手の術式を無効にする〉術式効果がもともと備わっている特級呪具として天元の挙げた者は2つ。

天逆鉾(あまのさかぼこ)と黒縄です。しかしいずれも五条により破壊されているため、この世には存在しないということも同時に言われていました。かなりシリアスな展開だったのですが、ここに関しては恵も虎杖も「あの人は何してんだ!」とツッコんでました。

ちなみに天逆鉾は11年前の星漿体・天内理子との同化を邪魔した禅院甚爾が使っていた特級呪具になります。奇襲とはいえ当時の五条をめった刺しにしていました。術式を無効にするということは五条の無下限術式も術式である以上この影響を受けます。

つまりシンプルに術式を除いた運動能力での勝負となり、そうなれば天与呪縛により生まれつき呪力がない代わりに禅院甚爾はとてつもない運動能力を兼ねそなているため、五条を圧倒していた過去があります。

また黒縄に関しては、呪術廻戦本編では登場していません。0巻でミゲルがMVPに選ばれた理由にもなっていますが、黒縄は〈あらゆる術式効果を乱し相殺する〉という効果があります。この力によってミゲルは単身五条を10分間以上の足止めに成功しました。

五条を10分間足止めすることがいかにすごいことかと申し上げると、渋谷事変時に特級呪霊の漏瑚と花御、脹相の3人がかりであったとしても「1分間も五条を足止めするだと?そんなことできるわけなかろう!」と漏瑚がキレるレベルです。

特級呪霊3体がかりであっても五条を1分間止めることが限界なのにも関わらず、黒縄を持ったミゲルは10分間の足止めに成功しています。

そのため天逆鉾と黒縄はいずれも作中で五条に対しても有効であることが明らかとなっており、現状”最強”の術式にも効果があることが判明しています。だからこれらがあれば獄門疆にかけられた術式も解除できるはず。そして後条の封印を解除する方法となりえたはずなのですが、五条により破壊されているという悲しい現実ェ・・・

来栖華の術式消滅の術式

そして最期に、現存する最期の獄門疆「裏」の解除方法が来栖華の術式を利用するという方法です。

天元によると来栖華は死滅回游に参加している泳者の一人であり、千年前の術師であるとのことです。来栖華の術式は〈あらゆる術式を消滅させる〉というチート能力になっています。この術式があれば確かに獄門疆の術式も無効化できるハズ。

しかし千年前の奴らはそう簡単に言うことを聞くでしょうかね?

天元、両面宿儺、裏梅、羂索など、千年前の方々は皆只者ではない人達ばかりです。そこに加えて来栖華なわけですよね。絶対にめんどくさそうですね(笑)ひとまず現在来栖華について分かっている情報をまとめてみたので、以下の記事もご覧ください。

獄門疆「裏」の縫い目

これが実際の獄門疆「裏」です。目がたくさんついていた「表」と違って「裏」には縫い目があるだけです。

真ん中に傷がつけられており、その上からホッチキスで4箇所止められたようにも見えます。さすがに特級呪具であることを考えるとホッチキスではないよね、という感触です。

なので「裏」には縫い目があることにより、「表」で封印した内容物を「裏」からこぼれ落ちないようにしていると考えていいでしょう。

まとめ

このように獄門疆「裏」に関してはまだまだわからない部分が多いのです。

とりあえずこれを開ければ五条が封印から解かれるということは間違いないので、そのためには”千年前の術師・来栖華”の協力が必要であるということ。一筋縄ではいかない相手でしょうが、今後の相手は天使です。

獄門疆「裏」を解放するために必要となる来栖華の正体について現状分かる内容をまとめたので、以下の記事も併せてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です