「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【呪術廻戦考察】来栖華の正体を考える!術式や領域展開も説明する【味方なの?】

どうもこんにちは古川です!

今回は呪術廻戦145話にて新たに登場した”来栖華(くるすはな)”という千年前の術師について、現状分かる事をまとめていきます!

ジョリ男

死滅回游についての考えが色々と変わってきたな!

ようやくルールについての説明が出てきたな。全く分からなかったので助かったぞ(笑)

古川

そうだな。そして五条の封印を解くために必要な人物として、天元から直々にご指名のあった”来栖華”について今回は考えていこうぞ!

来栖華の正体とは

天元によると、来栖華という術師は〈死滅回游に参加している泳者であり「天使」を名乗る千年前の術師〉であるとされており、五条悟の封印を解くために来栖華の術式が必要となるとのことです。

実際に145話で姿だけ登場した際には来栖華には翼が生えて宙に浮かんでおり、さらに頭には輪っかがついていることもありガチの天使です。さらによく見たら左手にはラッパを持っていることもあり、福音を告げるために持っているのでしょうか?(笑)

術式もそうですが、彼女には気になる所が多く存在します。

千年前の術師

宿儺と天元と同じく千年前から存在している術師であることが明かされているため、彼女も何かしらの術式を用いて現代まで生き永らえていることが予想されます。

宿儺は死後に呪いへと変貌し、現代まで念の力で残り続けて虎杖悠仁に受肉しました。天元は500年に一度星漿体と同化する事で肉体をアップデートしながら自我を保っていました。

方法は違えど千年の間、来栖華も現代まで生き続ける方法があるのでしょう。詳しくは今後の呪術廻戦を見ていきます。

死滅回游の泳者

以前の記事〈死滅回游のルールをわかりやすく説明する〉にて、泳者となれる人物は〈加茂憲倫により強制的に術式を発動させられた元非術師のみじゃね?〉と書いてきましたが、そうではなかったことが判明しました。

乙骨や恵も参戦をほのめかしていることもあり、外部からでも希望すれば死滅回游に参加できるようです。

そして来栖華もおそらくは外部からの参戦者だと考えられます。千年間も生きているということは当時から術式が使えたということですし、そして現代になり死滅回游に自分の意志で参加したということが考えられます。

何故自らこんなデスゲームに参戦するのか、そもそもの目的が不明ですけどね〜・・・ここも今後の話の展開を見ていきます。

マンガアプリはマンガUP!

・国内最大級のマンガアプリ
・1100万DL突破
・オリジナル作品多数
・スクウェア・エニックスの全雑誌勢揃い
・毎日 10 作品以上更新。常時 300 タイトルも読める
・一度読んだ作品は 72 時間読み返しが無料!
・深夜にデータをダウンロード!モバイル回線でサクサクに

>>今すぐダウンロードはこちらから!<<

来栖華の術式は「術式を消滅させる能力」

そして来栖華がクローズアップされた理由として、彼女の術式が挙げられます。

天元によると来栖華の術式は「あらゆる術式を消滅させる」とのこと。最強すぎん?

獄門疆の封印の解放

もともと来栖華の話が出たのは死滅回游の話ではなく〈五条悟の封印を解く方法〉の話をしている時でした。天元が持っていた獄門疆の裏は、これを抉じ開けることが出来ればそれすなわち五条の開放につながるというもの。

しかし獄門疆は表を所有している人物でないと解放権限がないのです。つまりは獄門疆を所持している加茂憲倫でないと解放することができないので、強引に開けるしかないのです。

そのために獄門疆にかけられた加茂憲倫の術式を消滅させるために来栖華の術式が必要であるということなのです。

黒縄と天逆鉾の代わり

そもそもは来栖華の術式がなくとも、かつてミゲルが使っていた黒縄や禅院甚爾が持っていた天逆鉾があれば獄門疆を開けることは可能だったのですが、現在は両方消失しています。

天逆鉾は〈あらゆる術式を強制解除する能力〉があり黒縄には〈あらゆる術式効果を見出し相殺する能力〉が備わっています。そのためこれらのいずれかがあれば獄門疆の解錠は可能でした。しかしいずれも五条悟により破壊されているため、第三の手段が必要になったということです。

そしてその第三の手段というのが来栖華の術式であるということなのです。

既に五条により破壊済

天元により天逆鉾も黒縄もどちらも破壊されている事が明らかになりました。

御存知の通り、天逆鉾は11年前、五条と夏油が高専の学生だった頃に急襲してきた甚爾が持っていたこともあり、その因縁から破壊したと考えられます。また黒縄も2017年の百鬼夜行時にかつて敵だったミゲルが使っていたこともあり、その際に破壊したと考えられます。

ミゲルに関しては呪術廻戦0巻の登場人物なので本編しか見ていないと分からないと思います。春のキャンペーン中であれば天国のごとく安く読めるのでいまのうちにミゲルの活躍を見ておいてください。

今すぐクリック!アホほど安く呪術廻戦0巻を読む!

来栖華は味方なのか?

そして最期に、来栖華はという術師は味方なのでしょうか?それとも敵なのでしょうか?

それこそ未だに不明な部分です。

しかし千年前からずっと存在している術師ということで一筋縄ではないかない相手であることは間違いないと考えられます。なにしろ両面宿儺とか天元様とタメですから、そんなすごい世代の人物なので簡単に獄門疆解除に協力してくれるとは思えないですね。

それに先程書いたように、来栖華が〈自らの意志で死滅回游に参加した〉のであれば、来栖華は〈新人術師の虐殺〉を志しているのでしょうか?

死滅回游のルールそのものに不明な部分が多いためにまだ何とも言えない部分が多いのですが、来栖華が死滅回游に参加した理由によって敵か味方か変わってくるハズですね。

まとめ

ジョリ男

来栖華についての記事はまだネット上にないから丁度いいんじゃないか?

古川

そうだね、今この瞬間では来栖華についての記事で最も詳しいハズ(笑)

〈相手の術式を消滅させること〉なんてくっそチート能力を持ってて、さらに千年以上生き続けているノウハウもある最強術師なので、味方だとしたらこれ以上に強い術師はいないね。

ということで今後も来栖華についての記事は増やしていきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です