「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【呪術廻戦】羂索(けんじゃく)の漢字の意味を考察する【加茂憲倫】

どうもこんにちは古川です!

今回は呪術廻戦145話にて明らかになった加茂憲倫に取り憑いている術師”羂索(けんじゃく)”について、相変わら漢字が難しかったので意味を考えてみました。

ジョリ男

いつもながら思うけども、毎回漢字が難しいよな(笑)

古川

ほんとだよ。PCの単語辞書はほとんど呪術廻戦の難読語でいっぱいになりつつあるよ(笑)

今回も羂索なんて難しい漢字が難しいから調べていくと、世界史でみたような気がしたが木のせいだったみたいだな。

というわけで、”羂索”という漢字について調べていきます!

羂索という漢字の意味

まずは「羂索 意味」で検索してみましたら、以下の記事がヒットしました。

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこれを持つ。

Weblioより引用

要するに、羂索とは仏像が手に持っている縄の事であるということです。

”羂”は罠のことであり”策”は縄のことを指しているようです。

”縄や網は、生きものをしばりあげ、その自由を奪うための狩猟用具であるが、仏教においては、「羂索とは慈悲の索なり」との教えにあるとおり、俗人たちを残さず救いあげるみ仏の広大無辺な慈悲の心が、便宜的に検索で象徴されているのである”

仏像ワールドより引用

要するに、そして羂索という縄は仏教においては「羂索とは慈悲の策なり」と言われているようで、道に迷える子羊たちをその縄で救い上げるために使うものとされているようです。

また困った信徒達だけではなく、悪人をもその縄で引っ掛けて捕らえるために使うものとされているようですね。というとこの羂索という名前はなかなか深みのある名前ですね〜。

また羂と策という漢字についてももう少し考えてみました。

羂の意味

くくる/しばる/わな/獲物を捕らえる仕掛け/人を陥れる計略

moginaviより引用

「羂」に関して調べてみると、仏教用語以外でも使われることがあるらしく、その場合には「人を陥れる計略」という意味があるようですね。加茂憲倫の現状を考えるとこっちが本命のような気もしますね!

策の意味

 はかりごとや計画。また、事をうまく運ぶための手段・方法。「策を練る」「策を授ける」

むち。つえ。「策を執る」

goo辞書より引用

そして策に関しては割と一般的に使う漢字ですし、意味もそのまんま「策」ですし「はかりごと」という意味です。

この2つを組み合わせると「人を陥れる計略でありはかりごと」という意味になりますので、これこそが呪術廻戦においての羂索という名前に込められた意味であると考えていいでしょう。

マンガアプリはマンガUP!

・国内最大級のマンガアプリ
・1100万DL突破
・オリジナル作品多数
・スクウェア・エニックスの全雑誌勢揃い
・毎日 10 作品以上更新。常時 300 タイトルも読める
・一度読んだ作品は 72 時間読み返しが無料!
・深夜にデータをダウンロード!モバイル回線でサクサクに

>>今すぐダウンロードはこちらから!<<

羂索と加茂憲倫に関する考察

「人を陥れる計略でありはかりごと」

ここから先は”羂索”は上記のような意味であるとして考えていきます。

作中で羂索は千年前から生き続けていることもあり、かなりの長命となっています。そして現在は加茂憲倫の肉体を利用していることもあり、羂索の術式は自身の脳と相手の脳を入れ替えることによりその人物の肉体を操る事ができるというものです。

さらに奪い取った肉体が術師であった場合には、その人物の術式まで使うことができるのです。つまり奪い取った相手の肉体だけでなく術式まで全てを奪い取ることができるのです。

また「他者になり代われる」能力は昔からはかりごとにはもってこいの能力であり、古くはワンピースのアラバスタ編でもMr.2がアラバスタ国王コブラに化けて、国を乗っ取るためのはかりごとを企てていました。

それだけではなく、羂索は呪術廻戦の中で様々な策を弄しています。

策を弄して五条を封印する

天元にも言われているように、羂索は相当に腕が立つ術師であり、そのため自分の力量を正確に把握できているのです。だからこそ五条悟に対して、六眼持ちの術師には敵わないことを知っています。

だから天元によると羂索は六眼持ちには過去2回敗れているそうです。だからそれ以降は「打倒」ではなく「封印」することを目的とするようになったということです。これは裏を返せば〈羂索は五条に勝てない〉ことを知っているということになります。

すなわち直接戦えば五条が勝つということ。だからこそ渋谷事変にて、五条は獄門疆により封印されてしまったのですね。そもそも獄門疆を持っている時点で相当な羂と策を張り巡らせていたと言えますね。

天元を利用して強制進化を促す

さらに羂索は現在天元を利用して、非術師を強制的に術師へと進化させるために天元を利用しようとしています。ここもなかなか難しいのですが、呪術高専において最強の守りの結界を持つ天元を利用しようとすること事態なかなかすごいことなんですけどね(笑)

ざっくりと羂索の目的をまとめると〈全人類の術師へと強制進化させること〉です。

しかしこれは羂索の呪力を持ってしても一括でできるレベルではなく、現状不可能であるということです。そのため全人類と天元を同化させることで一度に全人類を術師へと変化させる事が可能なのです。

それは羂索の〈乗り移り〉の術式と夏油の〈呪霊操術〉を同時に使うことができる今だからこそできることなんです。この辺はかなり複雑なので再度別記事で作成していこうと思います。ひとまず羂索、かなりの策士ですね。。。

まとめ

このように、”羂索”という漢字には様々な意味がありました。

「何かをひっかけてすくい上げる」という意味の他に「他人を陥れる計略」という意味もあります。そして実際に羂索は加茂憲倫の肉体、そして現在は夏油傑の肉体を乗っ取って天元を使って自身の目的を果たそうとしています。

その意味で”羂索”という名前に恥じない計略を繰り広げていると考えられます。

次は非常にややこしいのですが、羂索が天元を使って何をしようとしているのか、羂索の目的を具体的に解説していこうと思います。下のリンクから次の記事もご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です