「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【食糧人類REネタバレ7話】天人を先導する「辻」は万智音の旧友だった

食糧人類RE7話のネタバレを掲載。7話では、天人様がついに学校にやって来る。皆が目隠しをして天人を見ないようにする中、一人の女子生徒が天人の姿を直視してしまう。そんな中、天人にへりくだる男の中に万智音は旧友の姿を見つけていた。食糧人類RE7話のネタバレを読みたい方はこちらをどうぞ。

食糧人類RE7話のネタバレ

天人の到着

学校に到着した天人様を乗せたトラック。側には鈴を鳴らすお付きのものが数名、仰々しい佇まいで天人様の行くべき場所を指し示す。そしてトラックの荷台のドアが開き、鈴の音に誘われ中から天人が3体降りてきた。その姿はかつての”ゆりかご”で見た姿と告示していた。

天人の通る道すがら、すべての人間は頭を地につけて天人の足音を感じていた。生徒の一人は「お父様、お母様。明日は私の人生において忘れられない日になります。この国を治めて下さる天人様が我が校にいらっしゃるのです。この興奮、この感動。天人様を直接見ると目が潰れてしまうので目隠しはしますが、その存在を近くに感じられると言うだけで、感激で旨が一杯です」と感じていた。

川村正義

この生徒の名前は一年C組川村正義、死の前日の日記には「天人様万歳、天人様万歳」という文字で締めくくられていた。彼は目隠しをして天人を迎えていた時、頭から天人に丸かじりされて、そのまま頭部を食いちぎられてしまった。そして天人は川村少年の生き血をすすり、それを横にいた生徒たちに向けて吐きかけた。

先導していたお付きのものは「お口に合わなかったか・・・」とつぶやくが、その血を浴びた生徒達は皆目隠しをしているため何がかかったのかはわからない。つい目隠しを外してしまった女子生徒は目の前に川村少年の頭部があることに気づき「え?」とつぶやき、同時に目の前にいた異形の怪物に気付いてしまった。

その怪物は女子生徒の視線に気づき、女子生徒によだれを垂らしながら巨大な顔を近づけてきたので、つい女子生徒はあとずさりして「キャアアア」と叫んでその場から逃げ出そうとした。しかしその女子生徒の前に鋭い刀身が突きつけられた。生徒会長の柊が目隠しをしたまま日本刀を持ち「天人様の御前であるぞ、騒ぐ者は何人だろうが斬ると言ったはず」と告げて、そのまま女子生徒の頬に刀を押しつけた。

直後、女子生徒の背後からボリボリという骨を削る音、すなわち天人に誰かが食べられている音が聞こえた柊は「この音は・・・誰かは存じ上げないが・・・なんたる果報者っ!!天人様に直接召し上がっていただけるとは・・・」と特殊な倫理観を披露した。

そして天人が構内に入った後、しばしその任から離れたお付きの者たちはマスクを取り「あー肩こった」「まあけっこう神経使いますしね」「まったくだよ」「しかしまぁ中で今下民がベロベロ食われてんですよねぇ」「ああ、うーん」と唸るものがいた。烏帽子を被ったまま「ヤじゃないのかなーって、死ぬの」と言うと、タバコを吸っていた男も「まあ・・・連中食われんのを望んでるワケだしさぁ」と返した。「それが信じられね〜んですよね」とまともな価値観を持っているようだ。

その光景を双眼鏡で見ていた万智音は、先程「まあ・・・」と言った男の姿を確認して「辻ィ・・・」と怒りで歯をくいしばっていた。

6話 ⇔ 8話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です