【小悪魔教師サイコネタバレ10話】小春は氷坂高校でカッターナイフが飛んでくる!

小悪魔教師サイコのネタバレ10話です!10話では新たに氷坂(ひさか)高校に赴任した小春に学年主任の大多が「あのC組なんて大丈夫なの!?」とつっかかり、その言葉に疑問を抱くが特別変わった様子はない。しかし二日目の放課後に事件が起こった・・・。早速10話のネタバレを見ていきましょう!

▼小悪魔教師サイコを読む▼

『小悪魔教師サイコ』は2022年4月9日現在で10巻まで公開されています。

本来は有料のマンガなのですが、動画サービスのU-NEXTに無料会員登録するともらえる600円分のポイントを使って無料で読むことが出来ます!

U-NEXTでは最新10巻まで配信されていますので、もちろん今回の10話も読めますので試してみてください!

『小悪魔教師サイコ』を無料で読む

※この情報は2022年4月9日時点でのものです。詳しくは公式HPを御覧ください!

小悪魔教師サイコネタバレ10話

氷坂高校

新たに氷坂高校に赴任した小春は教師陣の前で自己紹介を行い、化学を担当すること、受験を控えた高3受験生のクラスを担当することで緊張していることを話すと拍手が送られた。しかし3年学年主任の大多が小春の年齢を鑑みて、受験学年を持つことに不安を大きな声で叫んだ。

教頭は大多をなだめて前任の実績があるからと諭すが、大多は「あのC組だなんて!」と意味深に吐き捨て、周りの教師たちも暗い顔をしているように見えた。そして職員室を出ると若い菊次が何かあれば聞いてくださいね!と笑顔で声をかけるが、小春は特にわからないことはありませんと冷たく答えた。

しかし菊次は食い下がり、教室までの道案内を買って出ようとしたが小春は授業に遅れたくないのでと語気を強めると菊次はその圧に押されてついに引き下がった。

小春が3−Cに到着すると、扉の前から大きな声が聞こえてきた。

不穏

ぶっ殺してやる!

やってみろごラア!

小春は意に介せずに元気そうなクラスですと微笑み、笑顔で扉を開けると喧嘩していたと思われる生徒が小春の元に飛んできて、生徒が目を開けると小春の下着が見えてしまった。小春は気にしていなかったが生徒はすすすすみません!と立ち上がり、その背後では二人の生徒が殴り合いをしていた。

そして吹き飛ばされた生徒がたまたま掴んでしまったのは大多のスカートであり、大多がセクシーなガーターベルトを履いていることが衆人環視の元に置かれてしまい、大多が顔面をピクつかせて叫んだ。それを見ていた小春はうふふ♡と微笑んでいると、大多はしっかりと止めろ!と叫んだ。

お前が悪い、いいやお前が・・・と言い争いをしている生徒を見下ろして大多は「これだからレベルの低い生徒は」と吐き捨てた。しかし小春はこんなに仲が悪いのに互いを殺そうとしないなんて、その自制心に感動を覚えていた。

夏川礼香

教室に入った小春は黒板に名前を書き、簡単に自己紹介を済ますと生徒たちは前回の学校同様に小春の美貌にどよめきが起こっていたが、先程吹き飛ばされた良村は先行き不安さを感じていた。その間にも小春は教師観を話して自己紹介を済ますと夏川礼香が手を上げた。

礼香は、小春は美人でいい人っぽい感じに見えるけど、24歳の若さで2校目ということから前任の学校でなにかやらかしたんじゃないのかとぶっこんできた。しかし小春は淡々と前の学校ではできることをしたと答えるが、礼香はその美貌をもって男子生徒を食ったんじゃないかと尋ねてきた。

解釈

礼香は先程も良村に「大マタ開いていた」と言い切ると、小春は「男の目・・・大マタ」とつぶやき、その言葉の解釈に手間取り、黒板にあばずれ、淫乱、尻軽、セ◯◯ス好きという書き出して意味が合っているかと尋ねた。

礼香は顔を赤くして男子生徒にいじられている一方で小春は男性経験は今のところ1人ですと毅然として答え、それが礼香の言う「セ◯◯ス好き」に当てはまるかどうかをクラス中に問いかけて挙手を求め、当然礼香は恥ずかしそうに辞めさせた。

3年C組

そして小春が生徒の名前を呼び、伊万里純、御海アリサ、孤谷宏樹までは返事が聞こえたが、次の信乃崎は返事がなく、席には誰も座っていなかった。続く柴田健吾は元気に返事を返し、瀬川明美、田辺真琴までは問題なく進んだが、辻修矢は返事をしなかった。

金髪の見るからに不良生徒の辻は何度もうるせえよと答え、返事をせずに立ち上がってトイレに向かうと小春は「辻はトイレが近い」とメモを残し、辻も変なキャラ設定をされたことで怒っていたがクラスの雰囲気は嫌な感じではなかった。

その後も出欠を取り続け、小春は残る信乃崎について尋ねるが、良村が「信乃崎はあまり学校に来ない」と答え、礼香も一度も学校に来たことないんじゃない?と興味無さそうに話すその口ぶりから不登校であることが分かった。

カッター

その日は何事もなく終了し、二日目の終礼を無事に終えることができた。

小春は内心では特に問題児がいる感じでもないが、大多の『あのC組』という発言が気になっていたがまだ分からなかった。しかし小春が顔を上げた時、どこからか刃の出たカッターナイフが飛んできて、小春の足元に突き刺さっていた・・・

9話 ⇔ 11話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。