【小悪魔教師サイコネタバレ11話】柴田と狐谷の因縁と大多の逆襲

どうもこんにちは吉永です!

今回は『小悪魔教師サイコ』ネタバレ11話です!

小悪魔教師サイコ11巻発売日はいつ?

最新話である11話は、4月21日木曜に公開されました!コミックシーモアで配信されているので今すぐどうぞ!

▼小悪魔教師サイコ最新話!▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

『小悪魔教師サイコ』最新話11話が2022年4月21日に配信されました!コミックシーモアであれば試し読みもできるので、以下のボタンをクリックして読んでみてください!

小悪魔教師サイコ最新話を読む!

小悪魔教師サイコ11話ネタバレ

カッター

何事もなく授業を終えた小春にカッターナイフが飛んできた。しかし小春はビビることもなくカッターを拾い、生徒たちはざわめく中で礼香はテンションを上げて「明らかな”敵意”でしょ!」と何故か高揚していうるように見えた。

他の生徒達も礼香の様子に違和感を覚えていたが、小春はキョトンとして敵意を感じておらず、両手でカッターを持ち礼香の首元に突きつけて「殺すならこうするはず」を実演した。当然礼香は驚き、良村もその行動に驚いたが犯人を探そうと言い出した。

しかし小春は傷害未遂罪という罪はなく、暴行罪にあたると法的な根拠を述べた上で、未成年でも罪になる可能性があるから気をつけるように話していた。女子生徒達は小春が無事だったことで一安心していた。

良村のケガ

そして翌日、小春が教室に到着するとざわめきが起こっており、その中心には良村が手から血を流していた。そして保健室に連れて行くと、付添いで着いてきた礼香は「先生のせいよ」と言い出し、教卓にカミソリが仕掛けられていたことから、小春を狙ったトラップに良村が引っかかってしまったから小春が悪いという論理だった。

小春はカミソリを持って良村にケガをした状況を尋ねると、良村は今朝の状況を話し始めた。

教室に入ると教卓からハンカチが飛び出しており、忘れ物かと思って手を入れてみたところで手を切ったと話し、他の人がケガをしたら危ないのでケガをしながらもカミソリを外しておいたと話した。礼香は小春を責めるが、小春は「ずいぶん謙虚で親切な嫌がらせ」と感じていた。

小春はハンカチを取らないと作動しないトラップであることから、他人のハンカチだから気にもしない、すなわちケガをすることもないと考えを述べると、良村は立て続けに事件が起こることで怖くないんですか?と尋ねた。

犯人探し

しかし小春はキョトンとして、ここまでケガをしていないしいずれも間接的な嫌がらせであることから安心すらしていると話していた。良村はその考えが理解できずに小春の強さに感服しており、礼香はあくまでも小春の罪を追求してきた。

小春はどうでもよさそうではあったが、教室の和が乱れることを心配しており、礼香に犯人に心当たりを聞いてみるが、礼香も良村も顔を見合わせて自分のクラスが評判が悪いとだけ答えた。良村は小春のクラスが問題児を集めたクラスだということを話し、さらに柴田と狐谷がケンカしていたことも話し、二人の過去の因縁を話そうとした。

柴田と狐谷

そして良村は二年の時、狐谷が柴田を殺しかけた事を話し、具体的には狐谷が柴田の机に死んだハチを入ことが原因だと話した。その話から小春は柴田にアナフィラキシーがあることを察し、礼香も柴田が「エビペン」という注射を持ち歩いているほどだと話していた。

小春は一通りの事情を理解したが、良村は狐谷をかばうが、ひとまず小春に気をつけるようにと心配していた。そして始業の鐘が鳴り、小春が保健室を出ていった。その直後保健室には狐谷が入ってきたので、思わず礼香も良村も驚いてしまったが、狐谷はそのまま何も言わずに方向を変えてどこかに行ってしまった。

それを見た小春は「恥ずかしがり屋さんなんですね」と微笑み、そのまま礼香と良村を残して去っていった。

大多

翌日、体育の時間、教室には誰もいなくなった隙に小春は教室の後ろのコンセントに差し込み式のモバイルバッテリーを差込んで教室を出ていくと、そこで大多に遭遇してしまい嫌味を言われてしまった。大多は生徒のケガについて言及し、金曜日に新任の歓迎会があるけど小春は来なくていいと言い切るが、小春は「わあ♡ありがとうございます!」と喜んでいた。

小春はそのまま出ていこうとするが、大多は小春の意外な反応に驚いて引き止めてしまった。小春はいずれにせよ参加する気はないと伝え、「忙しいかそんなどうでもいい会合に参加しなくてもいいように」気を使ってくれているんですね!と異常な思考回路を披露してそのまま頭を下げて教室から出て行った。

小春へのいじめがうまくいかない大多は「あの「3C」は私が作った特別製なんだから」とつぶやいていた。

そして放課後、一人の人物が誰もいない教室に入り、黒板に「カサイハヤメロ」と書いてそのまま出て行った。その頃小春は今日も登校してこない信乃崎の家に電話をかけていた・・・

10話 ⇔ 12話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。