【パラダイスプールネタバレ1話】海帆から呼ばれたプールで湯浅と再会することになる

パラダイスプールネタバレ1話です!1話では、冴えない大学生、大隅晋兵は特にすることもなく、毎日PCのモニターでエロ動画を見て過ごすだけのどうしようもない人間だった。しかしプールを経営している姉の海帆からの電話が彼の人生を変えることになった!早速1話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『パラダイスプール』はコミックシーモアで先行配信されています!シーモアでのみ読めるマンガなんです!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\パラダイスプール無料版を読む/

※この情報は2022年3月31日時点でのものです。詳細は公式HPを御覧ください。

パラダイスプールネタバレ1話

大隅晋兵

主人公の大隅晋平は日々オナニーに耽る冴えない青年だった。その日も動画を見ながら画面に集中しており、限界に達しそうになった瞬間にスマホの呼び出し音で萎えてしまった。電話の相手は姉の海帆(みほ)であり、海帆は暇だろ?今すぐ来いとだけ告げて、晋平しかバイトに来れる暇人がいないからと高圧的に呼び出しをかけた。

海帆はプールのオーナーをしており、そこでピタッとした競泳水着を着用していることで男性利用者の視線を独り占めしていた。そして晋平は口答えする間もなく招集されることになってしまった。

大隅海帆

なんとか到着した晋平に、海帆は遅い!と叱りつけ、そしてプールの監視員としての業務内容をつらつらと説明していくが、晋平は話半分に海帆の水着姿に目を奪われており、否応なく体が反応してしまい股間を押さえていたが、海帆もその異変に気づいてしまった。

しかしその時同じくバイトをしていた菅野泰(かんのゆたか)に声をかけられ、晋平とは小中高と同級生だったことを海帆に告げて同じバイトをすることになったが、晋平は泰が好きではなかった。泰は海帆の腰に手を回して事務室に向かい、その途中で一人の水着姿の女性に声をかけられていた。泰はその光景を見て、泰とは違う世界に住んでいることを実感し、さらに泰に対してのジェラシーを感じることになった。

湯浅多喜

晋平は適当に仕事をしてさっさと帰ろうと決意し、プールサイドの掃除を始めた。やがて一人の女性がプールから上がり、その肉々しい肉体を見て、その女性が湯浅多喜(ゆあさたき)であることに気づいた。かつての高校の卒業式、晋平は意を決して一人になった湯浅に花束を添えて、ずっと前から好きだったことを告げたが、湯浅は何も答えずにその場から去っていったことも思い出した。

そして今、プールで声をかけたものの湯浅は晋平には気づかずにまたしても無言で去っていこうとした。そして晋平は再度意を決して湯浅に声をかけ、久しぶり・・・と話し始めるが、湯浅はどちらさまですか?と完全に晋平のことを忘却している様子だった。

その様子を見て晋平はいたたまれなくなり、その場から走って逃げようとしたが誤って足を滑らせてしまい、とっさに湯浅の胸にしがみついてしまった。突然押された湯浅も姿勢を崩してしまい、二人でプールに転倒してしまった。ものすごい水音とともに湯浅はいきなり何を・・・と事情を把握できずにいると、晋平は湯浅の水着が破れて胸がはだけていることに気づいた。

湯浅もすぐに胸を隠して気まずい沈黙が流れ、晋平は来ていたTシャツを脱いで応急処置として着てくれと手渡した。湯浅は面倒くさそうにそのTシャツを受け取り、晋平を睨んでその場から離れていった。その後姿を見ていると晋平は反応してしまったので、そのままプールの中にしばしステイせざるを得なくなった。そして湯浅に一人の女性が声をかけ、何かを話して湯浅はその場から去っていった。

ビッチ

そして未だにプールの中にいた晋平は先程の湯浅の胸の感触を思い出していると、先程の女性が布の面積が異常に少ない水着を着てプールサイドに立っている事に気づき、あれは果たして水着なのか?と自問自答していた。晋平が水着を見ているのと同時に、女性も晋平を見ていることに気づいた。晋平はその視線の先を追うと、晋平の水着からはみ出したモノを見ている事に気づいた。

そして女性は晋平に声をかけ、晋平の目の前にとんでもない肉感の女体が現れた。女性は晋平を始めてみたけど新人ですか?と声をかけると晋平も今日だけのバイトであると答え、女性は濱松亜羅(はままつあら)という名前を名乗った。そして亜羅はじゃあ晋平またね!と言い切って去っていった。

濱松亜羅

亜羅は一人でプールに飛び込んで行ったのを見送り、晋平は再度プールサイドの掃除を始めた。しかし亜羅はプールの中から足がつったから手伝ってと頼んできたので、晋平はプールに入って亜羅の体を擦り始めた。亜羅によると太ももがつったとのことで、晋平にマッサージをするように頼み、その要求はどんどん上の方に向かい、ついに足の付根までやってきた。

その途中で晋平は当然巨大化してしまい、それが亜羅の付け根に当たってしまった。しかし一方の亜羅も腰を動かして自ら咥えようとしているように感じた晋平に、亜羅はさらに水着をずらしてほぐして?と頼み込んできた。さすがの晋平も亜羅の本意に気づき、晋平をそこにゆっくりと入れてみた。

菅野泰

その瞬間に泰が声をかけてきたので晋平は焦って水着を履き直したのを見て泰は事情を察し、海帆が倉庫整理を頼んでいたからと、晋平と場所を代わり、自らが亜羅の元に駆けつけた。そして一人で暗い倉庫整理をすることになったが、その間にも泰に対するいらいらが募っていた。

その頃泰は最初に声をかけてきた水着の女性にバックから突き刺しており、女性にいよるといつもより激しい!とのことで泰もなにかを感じているようだった。そして倉庫整理を終えた晋平が他の倉庫の扉を開けると、その奥に晋平が女性に向けて突き上げている真っ最中だったので、晋平は静かに扉を閉めた。

香穂子

晋平は泰がニヤッとしたのを見て絶対ワザとだろ!とさらに憤り、自分との違いをまざまざと見せつけられて最悪な日だったととぼとぼと帰宅しようとしていた。そして帰路についた晋平に香穂子という人物からLINEが入り、「1階と2階に水漏れが発生しました」とのことであった。

晋平は学生マンションに住んでおり、1階は男性、2階が女性、3階に大家の香穂子が住んでいた。晋平はメッセージ通りに香穂子の元に向かうと、香穂子は晋平を中に招き入れて事情を話した。水道管の工事によって3ヶ月分は家賃ナシで住むか、もしくは他のアパートを探すかを迫られたが、晋平はこのままここで暮らす事を決めた。

そして部屋を出ると、そこには湯浅が立っていた。そしてその後から亜羅も現れたので、晋平は先程の事件を思い出して頭がパニックになった。

パラダイスプール考察1話

まずは登場人物が多いので少し整理しましょうか!

大隅晋平・・・主人公の冴えないオ○ニー猿。姉・海帆の運営するプールでバイトをするように招集されたことから少しずつ美味しい思いをすることになる。

 

大隅海帆・・・スタイル抜群のプール経営者。弟の晋平に対してはかなり高圧的に接し、予定を気にせずにバイトとして召喚するほどのドSだが、競泳水着がエロいのでなんでもOK

 

菅野泰・・・晋平とは小中高と同級生であり、海帆のプールでバイトをしていたところ晋平と再会する。しかし晋平と違いやり手ですぐに新たな女を補充しヤりまくり。

 

湯浅多喜・・・晋平が高校の卒業式の日に告白したものの答えもせずに去っていった過去を持ち、プールで再会したものの晋平のことを覚えてすらいなかった。しかしその最強の丸みを持ってプールで再会。

 

濱松亜羅・・・湯浅とはルームメイト、というか同じアパートに住んでいるビッチであり、「これほんとに水着か!?」と言わんばかりの布面積がほぼ0に近い水着でプールに現れ、晋平と合体する一歩手前までいくが泰に邪魔される。

 

香穂子・・・学生アパートを運営する大家であり、とんでもないスタイルの持ち主。晋平も密かにその曲線を目で追っているが、香穂子は多分気づいていない。

今の所こんな感じでしょうか。既に登場人物多いですね(笑)というわけで今後もこの人間関係を長い目で見ていきましょうかね!

2話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。