【パラダイスプール ネタバレ6巻】千鈴の胸をペチペチと叩いたことで海帆と修羅場に!

パラダイスプールネタバレ6話です!6話では、千鈴に昨日のことを謝りたいという名目でシャワールームに連れ込まれ、そこで千鈴の胸にペチペチしていると、そこに現れたのは泰だった。両者の劣等感と優越感が入り乱れ、勝利したのは・・・!早速6話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『パラダイスプール』はコミックシーモアで先行配信されています!シーモアでのみ読めるマンガなんです!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\パラダイスプール無料版を読む/

※この情報は2022年3月31日時点でのものです。詳細は公式HPを御覧ください。

パラダイスプールネタバレ6話

亜羅

更衣室で水着に着替える亜羅は太ったかな〜と不安に思いつつも、いつもの水着に着替えてプールサイドに向かうと、そこには千鈴が晋兵を連れてトイレに向かっていくのが目に入った。しかし亜羅は特に気にせずに泳ごうとしていたが、なんとなく千鈴の動向が気になり後をつけることにした。

当の晋兵も千鈴の意図が分からずに不安に感じつつも千鈴の体を見てニヤニヤしていると、千鈴の方から昨日の件を「謝罪してきた。泰の浮気が原因でやけ酒してしまった結果だと話すが、晋兵はイライラもあり高圧的に簡単に許そうとはせずにどうせ俺のことバカにしてんだろ?と冷たくあしらっていた。

千鈴

千鈴も晋兵の雰囲気が違う事に気づいたが、晋兵はそのままトイレから出ようとした。千鈴は身体で示せばいいの?と自身の水着をずらして巨大な胸を露出すると、すぐさま晋兵のモノが巨大化して千鈴もそのサイズ感を目視できるほどになった。

それを見た千鈴はみ・・・見たい!と本能が勝利して、晋兵のモノをどうしても見たくなってしまった。晋兵はそれを聞いてついに狂ったか?と思ったが、千鈴があまりにも食い下がるので渋々見せることになった。晋兵は泰の彼女とすることで泰に目にものを見せられると感じて悪い気分ではなかった。

そして千鈴がズボンを下ろすと、あまりのサイズに顔にペチンと跳ね返ったモノがぶつかった。千鈴も泰のモノよりもはるかにでかいことを感じて、触らせて!と懇願し、それを見下ろしていた晋兵は泰に対して初めて優越感を感じていた。

優越感

その頃プールサイドでは泰が亜羅に声をかけ、本当に晋兵とシたのか?と聞くと、亜羅はめんどくさそうに塩対応をして、千鈴が晋兵を連れていったと話した。

一方の千鈴は晋兵のモノに見とれており、晋兵は辺りを見回すとそこには泰が遠くからこっちを見ていることに気づいた。泰には気づかない千鈴が晋兵のモノを咥えてもいい?と聞いてくるので、晋兵は泰が見ている前で彼女の千鈴を恍惚の表情にさせていることにとんでもない優越感を感じていた。

千鈴の変態性

そして千鈴の方からしたいことがあると言い出し、晋兵のサイズ感を見て水着から胸を露出して、これを叩いてほしいのと変態的なお願いをしてきた。そして晋兵はその願いを受入れてモノで千鈴の巨大な胸をペチペチと叩き始めた。千鈴もよだれを垂らして喜んでいることが晋兵にも理解でき、そのまま千鈴が口に移った。

それを見ていた泰はその場を去り、晋兵に対して初めて劣等感を感じて去ろうとしたが・・・やはり引き下がることができずに晋兵に掴みかかり自分の女に手を出したことに憤っていた。しかし晋兵は股間を丸出しで反論し、怒る相手が違うだろ?と言い返し、千鈴が望むことをしているだけだと強めに出た。

舌戦

泰は千鈴に言葉を求めると、千鈴はもう別れているから関係ないでしょ!と言い切って後ろを向き、晋兵は別れてるならもう関係ないだろ?力づくでどうにかしようなんて高校生じゃあるまいし、また頑張って自分のものにしたら?と言い切り、泰は巨大化した晋兵のモノを見て完敗を感じていた。

そして泰は捨て台詞を残してその場から去り、晋兵はいつもと違うことをしてしまったことで極度の緊張感を感じていたが、香穂子の言う通り、サイズが一番!と再認識していた。そこに一部始終を見ていた亜羅も乱入し、実は亜羅が泰をここに向かわせたことを明かして、この場にいない千鈴の代わりにしよう?と提案し、その場で始めることになった。

その頃プールサイドでは、海帆が晋兵を探していた。泰は千鈴に声をかけているのが見えた。泰はしつこく晋兵との関係を問いただすが、千鈴はもうめんどくさくなって晋兵の方がいいのよ!と断言し、彼女がいなくて気楽でしょ?その方がいろんな女とできるでしょ?と言い放った。しかし泰は「晋兵のほうが立派」という言葉に最もダメージを受け、対抗心が最高潮に燃え上がっていた。

修羅場

その頃シャワールームでは、亜羅が晋兵のモノを咥えていたが晋兵の顔を見るとアホ面だったので多少萎えた。そして亜羅は千鈴との進捗を聞くと、晋兵は先程のペチペチを話した。亜羅は千鈴の意外な変態性に気づき、亜羅は水着を着たまま晋兵のモノを胸で挟んで上下運動を始めた。

亜羅の巨大な胸でも挟みきれない晋兵のサイズ感に再度感動を覚えたが、最中の晋兵のアホ面を見ると萎えそうなので顔は見ないことにした。そして亜羅は後ろを向き、晋兵に後ろから挿れるように頼んだ。そして晋兵は亜羅のモノに顔を近づけ、ほぐしてから一気に突っ込み、行為が始まった。

「晋兵!」

そして入ってきた海帆により、その場は一気に修羅場と化した・・・

パラダイスプール考察6話

『パラダイスプール』はしっかりとギャグパートがあるところがいいですね(笑)

『すばらしき新世界』や『生残賭博』のような韓国人作家さんのマンガは淡々と進むのに対してこれはちゃんとギャグパートがあるので、単なるエロ漫画でないために面白いな〜と思います(笑)

そしてついに晋兵は泰に完全勝利しましたね!女を寝取り、さらにサイズでも勝利して完全勝利です!男はサイズで無意識に勝負している感じがありますし、変えようと思ったところでサイズは変わらないのでもう負けを認めるしかないですね。

しかしまだ泰は諦めてない感じがありますので、今後も晋兵には突っかかってきそうですね。普通あそこまでされたらバイト辞める他ないでしょうけども、無駄に高いプライドで今後も残りそうですね!

5話 ⇔ 7話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。