【昨日公園ネタバレ5話漫画】マチを救うことを諦めてビバはタバコに火を付ける【広告で話題】

昨日公園ネタバレ5話です!5話では、くり返す度に状況は悪くなる一方。マチを救うことはできるのか、そんな疑問が頭に生じる度にその思考を殺し、また過去に戻るが何も変わらない。そんな中でマチの横顔を見ていたビバはある決意を固める・・・!早速5話のネタバレを見ていきましょう!

昨日公園ネタバレ5話

ビバの決意

目の前でマチが公園の水を飲んでいる。この光景が何回目のものなのか、既にビバは覚えていなかった。

そしてビバは持っていたボールをマチに投げつけると、マチは怒って振り返るとビバは目を腫らして立っていた。その様子からビバの様子がおかしいことに気づいたマチに、ビバはベンチに座って休憩しようと提案した。二人で夕暮れを見て、その美しさに心を奪われていたマチの横顔をビバはただただ見ていた。

そしてビバは帰宅して、再度ニュースからマチが死亡したことを知り、玄関先に暖房用の灯油が置いてあったことから火事になったという警察の見解を知った。そしてビバはブランコに座り、マチの運命が変えられないことを悟り、助けるために繰り返せばその分状況が悪くなっていることを感じていた。

ビバの善意がより多くの人の死につながっていることを考えてある結論に至った・・・

一番守りたい人

そして再度マチに中島の話をするが、マチは当然恥ずかしがっていた。そこでビバはマチに「お前がこの世で一番好きな人って・・・誰?」と聞いてみた。

マチは中島の話かと怪訝な表情を浮かべるが、ビバは言い方を変えて「一番守りたい人って誰だ?」と尋ねた。マチは相当頭を捻って考えて、最終的に妹と弟と答えた。その答えを聞いてビバはマチの人間性を再確認して、これまでマチと駄菓子屋に行ったことや野球をしたことを思い出していた。

そしてビバはマチのことを親友だと思っている、だからずっと友達でいてくれよと言うと例のボールを差し出し、わけも分からずにマチはボールを受け取って当たり前だろと答えた。そしてビバがポロポロと泣き出したのを見て、マチは驚いたが、それ以上に自分が涙していることに驚いていた。

ビバは涙の理由を話すことはなかったが、マチも意味が分からなかったがなぜか涙があふれてきた。その様子を見ていたらビバもマチも自然と笑いがこみ上げてきた。夕暮れに向かって笑い合い、そして大人になったビバは今、あのベンチでタバコの煙をくゆらせていた。

昨日公園考察5話

結局ビバはマチを救うことを諦めてしまったんですね。

ビバがタイムリープする度に状況が悪くなるのであれば、それはすなわち助けようとすることでより酷い死に方をマチに体験させることとイコールです。ビバはマチの親友として助けることではなく、親友にできることを取捨選択した結果なんですよね。

助けたいけど助けることができない。だからせめてもの餞として、安らかな死を与えることが親友としてできることだと選択したんでしょうね。そしてビバは今、息子の翔一と二人であの公園にいます。次回最終回ですが、そこでは一体何が起こるんですかね???

前の話 ⇔ 次の話

▼『昨日公園』ネタバレ全話ページ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。