【食糧人類REネタバレ35話】辻博文と榊千翔世の関係について辻が頭を下げる

食糧人類RE35話のネタバレを掲載しています!35話では、辻家に招待された一同に、辻総監が頭を下げ「息子の願いを叶えてやってくれ」と懇願した。日頃の冷徹な辻からは信じられない行動に一同は困惑を隠せなくなる・・・。食糧人類RE35話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ読めます!▼

『食糧人類RE』はコミックシーモアで70%OFFで配信されています!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

『食糧人類RE』は大手電子コミックサイトのコミックシーモアで配信されており、初回無料会員登録で70%OFFクーポンが必ずもらえます!

前作『食糧人類』は315万部売り上げた伝説的な売上となっており、その続編ということで当サイトでも人気記事となっています!まだ全話読んでいない方は、コミックシーモアの最強クーポンを使ってみてください!

食糧人類REを今すぐ読む!

食糧人類REネタバレ35話

辻家

天沢が目を覚ますと、知らない部屋の布団で目を覚ました。部屋の様子は普通の子供部屋のような風体であり、恐る恐る扉を開けると横の部屋から柚が声をかけた。どこかの2階らしく、下に降りる階段を降りていくと、辻が声をかけたので急いで走り出した。

しかし見えない糸で捕まってしまい、そして強制的に食卓へ招かれた。その後帆秋は抵抗もせずに階段を降りてきた。そして辻の能力を解説していた。

  1. 針を頚椎に打ち込む
  2. 微弱な電気を流す
  3. 思考力を奪い相手を操る

榊千翔世

辻はそれを肯定し、柚に着せた服が亡き妻のものであるとつぶやき、食べられないものはないかを尋ね、目玉焼きを追加してきた。そこに万智音が現れた時、辻の背後から例の化け物が這って出てきた。辻は「博文」と呼び、一人息子であると告げ、博文を化け物に変えた奴がいる、とつぶやいた。

万智音は「榊・・・千翔世」とその人物に心当たりがあり、辻は恨めしそうな顔で万智音を睨みつけ「お前の親父だ」と答え、頭を下げて「この子の願いを叶えてやってくれ」と頼み込んだ。

食糧人類RE考察35話

帆秋が辻のイトイトの実の能力を見破れたのは、おそらくはナツネや山引の知識もあるのかもしれませんね。

それ以上にあの化け物が辻の息子、博文だったんですね。そしてあの姿に変えたのは万智音の父である榊千翔世であるということが明かされました。色々と疑問がわきましたので箇条書きでまとめていきたいと思います。

  • どうやって人間を”あの”姿に変えたのか
  • 「万智音」の父の姓が「榊」と異なる理由は
  • 博文の願いとは何なのか
  • 辻が万智音たちにそれを頼んだ理由

こんなものでしょうか。疑問ばかりが頭に浮かびますが、現状はまだ分からない事が多いです。そのため今後はこのあたりを中心に食糧人類REを読んでいこうと思います。

34話 ⇔ 36話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。