「ひぐらしのなく頃に業」の世界線を徹底解説!

【リトルナイトメア2】シックスの正体とラストの裏切りの理由を完全考察

どうもこんにちはタイーチです!

今回も〈リトルナイトメア2〉の主人公シックスの正体と、最後手を離すという裏切りをした理由について説明していきます!

ジョリ男

タイーチさんはリトルナイトメア2は何回クリアしたんだい?

タイーチ

僕はまだ1周だけ。2周目に入っているくらいかな。

だから考察はこれからなんだ。手始めに根本的な謎である〈シックスの正体と裏切りの理由〉について書いていきます!

シックスの正体

邪悪な心を持った子供

まず大前提として私の考察において〈シックスは邪悪な存在〉です。まずはそこだけ理解しておいて下さい。

シックスは少女のような姿をしており、事実まだ幼い女の子なんでしょう。言い換えると人格の形成途上であり、どのような人間性を持つのかはまだ確定しない状態です。そしてこの段階ではかなり邪悪な方向に傾いていたと考えられます。わかりやすく言うと〈サイコパス〉的な部分が大きくなっていたのです。

シックスのサイコパス的な側面は作中でも多々見られました。

  • 暗い部屋で1人、マリオネットの手足を分解していた
  • 芋虫ドクターを燃やしている暖炉の火で焚き火する

などなど。タイーチも実況動画の中で「シックス!こいつどんな倫理観してんのw」と言ってましたが、今にして思うとあの焚き火シーンは制作チームにより、シックスの邪悪な部分をわかりやすく表現してくれていたのだと思っています。

精神的に不安定

20210217224812

そして先程も書いたように、シックスはまだまだ少女。おそらくは9歳から10歳くらいの女の子。

大体このくらいの歳に経験したことを基に人格形成が為されます。そのためかなり不安定な状態であると考えられます。〈死体を焼く火で焚き火〉するなどのサイコパス的な面が強いのも事実ですが、100%悪の側面であるわけではありません。

もちろん善の面もあると思いますが、比率的には悪の比率が大きくなっている状態であると考えられます。

神から与えられたオルゴールで抑制

この状況を知った神様的存在(電波塔を作った存在)は、このままシックスを放置していると他者に大きな危害が加わると考え、我々が暮らす普通の世界とは異なる世界を作り出し、そこにシックスを監禁しました。

しかしこのままではシックスの邪悪な部分がそのままになっているため、悪の部分を封印するために初登場時にイジっていたオルゴールを作り出し、シックスに手渡したと考えています。

このオルゴールには2つの特徴があり、①シックスの邪悪な部分を封印する②シックスにとってかなり魅力的に見えるという2つの性質を持っています。だからこそ最初にシックスが暗い部屋に閉じ込められた状態でオルゴールをイジっていたあの状況は、神様が邪悪な存在を閉じ込めていた的な状況なのです。

またシックスの邪悪を封じるためには〈シックス自身にオルゴールをイジらせる〉必要があるので、シックス視点ではあのオルゴールはとても魅力的。だから触らずにはいられないのです。「何このオルゴール!超かわいいんですけどー!」とある意味で魔法にかけられている状態ですね。

ジョリ男

つまり、シックスがあの部屋でオルゴールをイジっていた理由は、シックスを野に放つと周りの人に対して危害を加えるからそれを回避するために閉じ込めていたからということかい?

タイーチ

ケツ毛の濃いお前にしては上出来なまとめだぞジョリ男。

そしてモノがこの世界に迷いこみ、シックスを発見して「この子、こんな世界に1人で閉じ込められてかわいそう!せや!俺が守ったらな!」とオルゴールを破壊してしまったということなんだ。

この辺は〈リトルナイトメア2 モノループ説〉で詳しく書いているから、そっちも見てくれよ!

シックスの裏切りの理由

そしてリトルナイトメア2のラストシーンにて、最も衝撃的なシーンだったのがシックスの裏切りです。

初回プレイ時にはシックスを助けに来てくれて、ここまで一緒に脱出してきた仲間であるモノの手をあえて離したというのはどうしても理解できなかったのです。2月11日にクリアしてからの1週間、ずっとこの考察ばかり考えていました。

そして先程書いたように、シックスとオルゴールの関係を思いついてようやく考察が進んだ感じです。というわけでタイーチの1週間の成果をご覧ください。

オルゴールを破壊したウザい奴

まず前提からして、シックスは邪悪な心を持った少女です。そしてその悪の部分を神様により意図的に封印されています。自我を抑制するという神のアイテムを駆使してまでシックスの感情を抑えつけています。

そのためシックスはこの状況をプラスに捉えておらず、強引に抑圧されているためにこの現状を打破したいと思っているはず。しかし神様も賢く、先程も書いたようにオルゴールに〈シックスにとってかなり魅力的に見える〉という特性をつけています。

だからシックスにとってオルゴールは、自分の感情を抑圧すべき破壊すべきものであるのと同時にとても魅力的で大事にしているものでもあるのです。矛盾する気持ちが同時に存在しているのが我々が見てきたシックスであると考えています。

つまりシックス的にあのオルゴールはとても大事なものでもあるので、それを〈シックスを助けるため〉とは言え破壊したモノはとてつもなく許せない存在なのです。

善意でやってる傲慢さ

さらに別記事(リトルナイトメア2と七つの大罪の関連)でも書いているように、モノには傲慢という大罪が割り当てられています。作中での傲慢が垣間見える部分として〈シックスを助けるために善意を押し付けた〉という部分です。

もちろん我々が操作していたモノがシックスのオルゴールを破壊したのはシックスを助けるためですが、シックスからすると大事にしていたオルゴールを斧でフルスイングして破壊した憎きド腐れ外道なのです。

タイーチ

単純な話ですが、自分が大事にしている物を斧でぶっ壊されたら嫌ですよね?w

タイーチも昔祖父と一緒に沖縄に行った時に、美ら海水族館で買ったオルゴールがありますが、これを壊されたら絶対にその犯人を許しません。これと同じです。

さらにシックス的にムカつくポイントとして〈モノが善意からシックスのためにという考えで破壊した〉という点です。

モノの善意が必ずしもシックス的に嬉しいものではないということです。オルゴールに対するモノの考えとシックスの考えは一致していないので、シックス的には「大事にしている超絶魅力的なオルゴールを壊された!クソ野郎!」と敵視するのも当然ですね。

シンマンの存在に気づいた

またこれも別記事(モノとシンマン同一人物説!世界はループしていた!)にて詳細に書いていますが、モノの正体はシンマンの半身であり、つまりは電波塔の世界を作り出し、この世界を管理している存在です。したがってモノ(シンマン)はシックスの邪悪な部分を抑圧している直接の存在なのです。

そして裏切りのまさにあの瞬間、シックスはモノの正体がシンマン=シックスの敵であると気付いたのだと思われます。ちなみにですが、モノの手を離した直後、一瞬名残惜しそうにモノがいた崖の方を見るシーンがあります。

これはシックスの精神がまだ完全に闇に染まっておらず、一応は自分を助けるために冒険をしてきてくれたモノを突き落としてしまったことに対する罪悪感を表しているのだと考えています。

まとめ

ジョリ男

さすがYoutuberだな!

古川くんに負けず劣らず深い記事を書くな!

タイーチ

1週間ずっと考えてたからな。そのせいでブログの更新が遅くなったが、自分なりに納得のできる考察ができたかなと思ってるよ!

結論を言うと、シックスの正体は・・・

シックスの正体は邪悪に染まりつつある少女であり、電波塔の世界に監禁されていた女の子。

そして最後に一緒に冒険してきたモノに対する裏切りの理由は・・・

モノの善意がシックス的には迷惑なことだったから。

です!

なかなかに長い文章だと思うけど、ここまで読んでくれてありがとうございます。

あくまで考察、補足すべき点などあれば是非コメント欄で教えて下さい!また実況動画も上げているので良かったと思っていただけたらチャンネル登録もお願いします!w

タイーチgames!の実況動画とチャンネル登録もぜひお願いします!

レッサーがシモネタ満載で進めていくリトルナイトメア2の世界をご覧ください!

チャンネル登録はこちらから!↓

 

3 COMMENTS

古川徹

無名さん
コメント下さりありがとうございます!

〈傲慢〉とするところを〈高慢〉となっていました失礼しました!
七つの大罪記事の方も同じミスをしている部分があるのでそちらも修正しておきます!

ご指摘ありがとうございました!!!

返信する

無名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です