【食糧人類REネタバレ20話】天沢と柚が桜に「君達も違うか」と殺される!

食糧人類RE20話のネタバレを掲載。20話では柚を背負って学校内に入った天沢は血のついた武器を持った教師たちに囲まれる。担任教師からは「死んで?」と暗に言われるが、その後現れた桜と桐山と遭遇することになる。食糧人類RE20話のネタバレを見ていきましょう!

食糧人類RE20話ネタバレ

教師の目

教師は血のついたバットを持ち「どうした?蓮沼も一緒かー!」と声をかけ、その奥から担任教師も釘バットを持ち歩いてきた。天沢は「囲まれた!!」と感じ、「ちょっと・・・待って・・・ください」「何ですか何するんですか?」と尋ねると、教師の一人は「いいから天沢、じっとしてろ」とバットを構えた。

天沢は「ちょっとまって下さい何なんですか!来んな・・・!来んなよ!!」と叫ぶと、奥の廊下からさらに他の教師がやってきた。教師は「おっ!あ、どーも先生方、お疲れ様ですー」「あーどうもどうもお疲れさまです」「この度はわざわざありがとうございます」「いやいやちょうどいい運動ですわ」「先生手伝いましょうか?」「いやたかがこれくらい我々でなんとかしますよ」「あ、2階にまだ生徒隠れてますよ」「さすが先生お詳しい」「よーし天人様の仇をとるぞー!」と普通にワイワイと話していた。

クズ

天沢は「・・・なんで、なんでこんなことをするんですか?」と聞くと、担任は「あのね天沢君」「先生もね、こんなことはしたくないの」「そもそも天人様が亡くなった怒りを生徒にぶつけるなんて馬鹿げてる」「でも社会が殺気立ってる中で先生だけ無関係に冷静に・・・ってわけにはいかないの」「大人として世間の空気は無視できないのね」「天沢くんは賢いから分かってくれると思う」「理解してくれるよね?」と真剣な顔で死刑宣告をしてきた。

そして天沢は「わかり・・・ました・・・アイツらはクズだ・・・」「そして、あんた達はそれ以下のクソだ」と言い切り、直後教師の釘バットが振り上げられ、天沢は「ご・・・ごめん柚・・・」と目をつぶった。

違うかぁ

しかしその時、廊下の奥から桐山と桜が歩いてきた。教師たちもそれに気づき「あっ・・・どーもお疲れ様・・・」と頭を下げたが、桜は教師たちの頭部をすれ違いざまに切り落とした。天沢は担任の頭部を見て、「あ・・・ありがとうございます・・・」と礼を言った。

しかし桜は「キミ達も違うかぁ」とつぶやき、天沢と柚の腹部を切り落とした。

桜はそこから去っていこうとすると、そこには万智音が二人の死体を見て「きっ・・・貴様ぁぁ」と怒りを顕にしていた。

19話 ⇔ 21話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。