【食糧人類REネタバレ24話】帆秋の中からナツネが登場【パラレルワールド説あり?】

食糧人類RE24話のネタバレを掲載。24話では桐山に追い詰められた万智音だったが、その背後から帆秋の下半身が動きだし、その中からどこかで見たことのあるような黒髪の青年が立っていた・・・!食糧人類RE24話のネタバレを見ていきましょう!

▼食糧人類REを全ページ読む▼

『食糧人類RE』は大手電子コミックサイトのコミック.jpで配信されており、現状無料会員登録でもらえる1200ポイントを使えば無料で全ページ読むことができます!

前作『食糧人類』は315万部売り上げた伝説的な売上となっており、その続編ということで当サイトでも人気記事となっています!まだ全話読んでいない方は、コミック.jpの無料会員登録を使ってみてください!

会員登録は1分弱で終了し、クレカなしでキャリア決済も使えるのですぐに読めますよ!

食糧人類REを今すぐ読む!

食糧人類REネタバレ24話

桐山

万智音は桐山と対峙していた。桐山が猛スピードで万智音に膝を浴びせるが、万智音はなんとかガードすることができたが、桐山はさらに掌打ラッシュを浴びせていく。これには万智音も完全にはガードできず、目の下、頬から血が吹き出していた。そして一瞬の隙を突き、桐山は万智音の顔面を抑えて電撃を与えた。

そして桐山は無表情のまま、拳から短刀を伸ばして万智音に切りかかり、万智音の左手首から先が切り離されたが、床に落ちる前に万智音はなんとか結びつけることができた。しかし万智音が顔を上げると、既に桐山が止めを刺そうと手を構えていた。

吹き飛ばされた万智音は桐山との力量の差を痛感して床に倒れ込み、桐山も万智音が意識を保っていることに気づいていた。早くしろと急かす桜だったが、桐山は何かに気づいていた。

帆秋の下半身

桐山の視線の先、そして万智音の背後に帆秋の下半身だけが立っていた。呆気に取られている桐山だったが、次の瞬間、帆秋の上半身が桐山の足を掴み、下半身だけでここまで来たんですよと笑いかけると、万智音も増殖種の生命力にあっけにとられていた。

そして帆秋の下半身はバランスを崩してその場に倒れ、腰の真ん中から帆秋ではない黒髪の青年が現れた。その青年はかつてのナツネに似ているように見えた・・・

食糧人類RE24話考察

吉永

もう完全にナツネじゃね?と思いますけどね。

帆秋が増殖種であることも確定ですし、あの生命力を見る限り「完全増殖種」であることも確定でいいかな〜と思ってるんですけどね(笑)ということは帆秋二三麿=ナツネ?ということなんでしょうか。

ナツネの意識が封印されていて、政府機関から姿をくらますために「帆秋二三麿」という別人になりきっていたということだとしたらなかなか熱い展開だな〜と思います。

また以前も書いたかもしれませんが『食糧人類RE』と『食糧人類』の時代設定がまだ微妙なところなんですよね。少なくとも同じ時代ではなく、REの方にはゆりかごも存在していないですし、何より民衆の天人(宇宙人)への傾倒っぷりが前作とは異なります。

だからナツネや山引がいた時点とREでは相当な時間が経過していると考えるのが普通です・・・これもう分かんねえな(笑)というところです。

最近の考えでは『食糧人類』と『食糧人類RE』はパラレルワールドなんじゃないか

とまで考えています。前作では武闘派の天人の侵略を伊江たちが阻止して宇宙人はあの世界から消滅しましたが、今回のREでは天人が上手いこと精神操作を成し遂げた、いうなれば知力を用いて侵略に成功した世界線なんじゃね?と思ったりしています。

どうなっているんですかね?(笑)

ナツネの登場でより一層意味が分からなくなりました。今後のストーリーに期待していくしかないですね(笑)

23話 ⇔ 25話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。