【食糧人類REネタバレ27話】帆秋二三麿の正体と過去が明かされる

食糧人類RE27話のネタバレを掲載しています!27話では柚と天沢を蘇生させてすぐに山引は姿を消した。そして残された二人を見て桜はいまだかつてない恐怖を感じ、一方の帆秋は過去を振り返り始めた。食糧人類RE27話のネタバレを見ていきましょう!

▼無料で読めます▼

『食糧人類RE』はコミックDaysで1話あたり80円で配信されています!

できれば無料で読みたいですよね?笑

違法サイトは当然使えないし・・・という方に朗報です!

『食糧人類RE』は大手電子コミックサイトのコミック.jpで配信されており、現状無料会員登録でもらえる1200ポイントを使えば無料で全ページ読むことができます!

前作『食糧人類』は315万部売り上げた伝説的な売上となっており、その続編ということで当サイトでも人気記事となっています!まだ全話読んでいない方は、コミック.jpの無料会員登録を使ってみてください!

会員登録は1分弱で終了し、クレカなしでキャリア決済も使えるのですぐに読めますよ!

食糧人類REを今すぐ読む!

食糧人類REネタバレ27話

帆秋二三麿

突然現れたナツネが再度消えたのを見た桜は、柚と天沢が息を吹き返したことに気づいた。桜は何が起きているか分からなかったが、それには気付かずに万智音と戦う桐山に視線を向けつつ、帆秋に「何なんだ・・・お前は」と尋ねると帆秋は「それ、昔からよく聞かれます」と上半身だけの状態で答えた。

過去

帆秋は昔を思い出し、小学校時代に教師から白いドロドロの食べ物を出されて「何なんだお前・・・帆秋・・・」と言われ、他のクラスメイトが何杯も食べている一方で帆秋が1杯食べるのにギリギリだったことを責めていた。

当時の帆秋はその言葉を受けて、自らの食味スコアを高めるため、周りの子供が楽しそうに遊んでいるのを見てその食事を無理にかっこんだ。結果的に嘔吐しそうになったが、強くなるため、美味しくなるためにさらに白いドロドロをかっこんだ。

26話 ⇔ 28話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。