【パラダイスプール ネタバレ7話】晋兵に海帆と湯浅多喜もフラグが立ちハーレムに

パラダイスプールネタバレ7話です!7話では、亜羅としている所に海帆が乱入し、絶体絶命となった晋兵だったがなんとか事なきを得る。しかしこの後、亜羅から衝撃の事実を告げられ、イライラで眠れなくなってしまう晋兵に、さらに2人の女性からのフラグが立つ・・・!早速7話のネタバレを見ていきましょう!

▼今すぐ無料版を読む▼

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り

現在『パラダイスプール』はコミックシーモアで先行配信されています!シーモアでのみ読めるマンガなんです!

毎日仕事柄シーモアの人気ランキングを見ていますが、必ずランクインしてくるロングヒット作品です。複雑な人間模様だけでなく、それに加えてエロ描写を豊富なのでおすすめです(笑)

登録も1分で完了しますし、クレカも不要ですし、初回は70%OFFで読めるのでほんとにおすすめです!ひとまず無料版が存在するのでシーモアで読んでみてください!

\パラダイスプール無料版を読む/

※この情報は2022年3月31日時点でのものです。詳細は公式HPを御覧ください。

パラダイスプールネタバレ7話

海帆の乱入

亜羅とシャワー室でバックでしていると、そこに海帆が入ってきてしまった。そして海帆は二人が何をしているのかすぐに気づき、亜羅が「抜かないで!」と叫んだことで晋兵のオーガの全貌を見てしまい、晋兵は怒られる!と思い言い訳を始めるが、亜羅はもう少しで終わるから・・・と頼み、続けてもいいか確認し始めた。

さらに亜羅は海帆も行為に誘うが、海帆はビクッとしたがそのまま亜羅と晋兵を置いてその場から出て行った。晋兵の目には海帆の目がゴミを見るような目に写り、意外にも怒らずに帰った海帆に違和感を感じつつも、亜羅が強引に誘うためにそのまま続けることになった。

シャワー室を出た海帆の耳には亜羅の大きな喘ぎ声が響き、それ以上に海帆は先程見てしまった晋兵の巨大なモノがこびりついてしまった。そして海帆はその場から離れることができずにその声に耳を済ませてしまっている自分に気づき、晋兵が果てるまでその場で聞き耳を立てていた。

どうしていつもバックなんだ

その瞬間、海帆は自分の体が熱くなるのを感じ、晋兵に対してこれまで感じたことのない感情がこみ上げてきたことを感じたが、その正体を深く考えるのをやめてその場から去っていった・・・一方の亜羅は何十回も果てたことを告げると、晋兵は「どうしていつもバックでしかしないんだ?」とかねてからの疑問をぶつけてみた。

あんたの顔がキモいから、萎えるからよ!

とは言えず・・・と思いきや、亜羅はずばずばと全てをぶつけた。

  • 晋兵の表情がキモい
  • 外見も気を使え
  • モノはいいけど泰の方が女を知っている

真実を告げられた晋兵は、男磨きのために亜羅にヘルプを要請すると、亜羅は立ち止まり、亜羅のお願いを聞いてくれるなら・・・と前置きして「その髪型からどうにかして」と、晋兵のトレードマークであるヘルメットヘアーについに言及し、そのまま去っていった。

千鈴

これまで泰に前面勝利したと勝ち誇っていた晋兵だったが、亜羅の心中を知ったことでいたたまれなくなったが、ひとまず海帆に知られたことで気まずくなりそうだと頭を抱えていた。

様々な葛藤を抱えたまま帰宅する晋兵の目の前に千鈴が突然声をかけてきた。驚く晋兵に千鈴はスマホを取り出し連絡先を教えて?と以前とは異なる冷たい目をして頼んだが「嫌ならいいわ」とやはり冷たい反応だった。

初めて女子から連絡先を聞かれた晋兵は焦って自分の番号を入力していると、そこに帰宅途中の湯浅がやってきた。千鈴は「帰りにたまたま会っただけ」と真相を隠し、湯浅はお墓参りの帰りだと話したが、晋兵には湯浅の話している内容の全貌が分からなかった。

そして晋兵は千鈴が晋兵との仲を隠しているように見え、男磨きの必要性を強く感じていた。

招集

帰宅するとシースルー姿の香穂子が誘ってきたが、晋兵はそれに気づかないフリをして自分の部屋に戻り、香穂子は残念そうに感じたが、自分が淫乱になっていることを気恥ずかしくも感じていた。一方の海帆も、昼間見てしまった弟の巨大なオーガが頭から離れず、胸の鼓動が止まらなくなってしまった。

当の晋兵はというと、亜羅に言われた言葉が頭から離れず「まずその髪型なんとかしてよね」と言い方は酷いと思ったが、それでも正論故に言い返せなかった。泰と比べられたことでイライラしていると、スマホが光り、見ると千鈴からメッセージが入っていた。

今からこっち来れる?

と晋兵を呼ぶ内容であり、晋兵は千鈴の本意が分からなかったが、ひとまず促されるままに千鈴の部屋に向かった。同時に香穂子からもメッセージが入ったが、千鈴を優先するべく断りの返信を入れて千鈴の部屋に向かった。

そして晋兵が千鈴の部屋に入ると・・・

鍵を・・・かけてくれない?

パラダイスプール考察7話

晋兵、ついにモテ期きましたね!

『パラダイスプール』も早いもので今回で7話ですが、晋兵がヤッてしまった女性たちを振り返りましょう。

濱松亜羅、香穂子、加野千鈴の3人だったんですね(笑)もっと多いかと思っていました。

今回でさらに海帆と湯浅ともフラグが立ちましたが、特に海帆は姉ちゃんなので本来はいってはいけないルートだと思います。しかし海帆のほうが晋兵を意識しだしたという最高のシチュエーションであり、晋兵は海帆からは「呆れられている」と考えているようですが、事実はそうではないということです。

また湯浅は晋兵に対する感情表現が少なくはっきりとした好意は見て取れませんが、泰から助けてもらった時に「泰にいわれてばっかりいないで・・・」と晋兵の良さをもっと見たがっているような素振りがありますので、既にフラグは立っていると考えていいでしょう。

個人的に湯浅みたいな奥ゆかしい女性は好きなので、今後晋兵ガールズに加入することを楽しみにしています(笑)

6話 ⇔ 8話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。